FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

50代のうちに自分に宿題を課そう。→ 「2番目のキャリア」はどうするの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは今年50歳になりますが、
正直、「これからって長すぎない?
と感じることがあります。

「えっ、何が?」


自分の「人生時間」です。

感覚的にですが、

「60歳までは頑張って働こう」とか、
「出来ればアーリーリタイアしたいなあ」
と願う気持ちは、

寿命が
70とか75歳くらいだからこそ、
釣り合いが取れるのでは・・。


たとえば、
65まで働いたとしても、

そのあと、
【65歳・・・・・・・・・92歳】みたいな
膨大な人生時間があると、

「で、何しよう?」と、
わたしなど、
手に負えなくなってしまいます(-_-;)

あなたはそんなふうに
考えたことはないですか?


もちろん、上記は
【贅沢な悩み】であることは
わかっています。

しかし、リタイア後に
膨大な人生時間を経験するのは、
言ってみれば、
人類「初めて」のことで、

どこにも
これといった『お手本』がないのです。

戸惑って当たり前だと思いませんか?)


roujin_ninchisyou_man.png


また、世の中の制度、しくみというものは、
世の中の【実態】にだいぶ遅れて
変わっていくものです。

私たちはもしかすると、
自分で率先して、
ライフプランの【概要】を、
一から描き直す必要があるのかもしれません。



ところであなたは、
ファイナンシャル・ジェロントロジー
「Financial gerontology」という言葉を
聞かれたことがありますか?

日本語にすると、
金融老年学】となります。

これは、
人生100年という長寿が、

世の中(社会、経済、文化等)に
どういった影響を及ぼすのか、

また、個人のファイナンスに
どのような影響を与えるのかを
研究する学問です。


older-couple-412x274.jpg


単純に、
生きる時間が長くなれば、
必要になるお金も増えます。


これまでと同じ
「貯蓄(投資)の方程式」では、
【実態】と噛み合わなくなるのは
目に見えています。

⇒ そういう意味でも、
ライフプランの書き直し、
運用計画の再構築が
必要になってきているのでは・・。


私的な【予想】を申し上げます。

ヒトの長寿化が進めば、

50代こそが、
青年期に続く、
第2の【模索&成長期間】になると思います。


50代で一度、
自分のこれまでの
人生、キャリアを振り返ってみる・・。

そして「第2のキャリア」に向けて、
その準備を始める期間とするのです。


何を隠そう、
わたしは不器用な男子の
「一典型」であります。

もし、65歳くらいで
仕事を辞めてしまったら・・。


〇 平日の午前11時くらいから
東急百貨店の
来客用の椅子に、
ぼんやり座っている。

〇 コナミスポーツクラブに行くも
2ヶ月くらいで挫折する。

〇 (結果、)自宅の居間で、
テレビの「ヒルナンデス!」を観ながら、

「あっ、お昼ご飯か。」と思い、
無意識に冷蔵庫からビールを出して飲む。


こんな「無気力おじさん」に
なってしまいそうな気がします・・・(汗)


先ほど、「第2のキャリア」と書きましたが、
副業や、
パートタイムジョブ、
ちょっとしたボランティア感覚でもいいのです。

次のチャレンジ的』な位置を占める
「やるべきこと・やりたいこと」を
50代のうちに探し始め、
それを見つけておかないと、


ずっと先、
とても「ヤバい状況」になるのではと
感じています。

※ 注 ここでの「ヤバい」とは、
ネガティブな意味合いです。


02d928c.jpg


もし、諸状況が許されるなら、
「50代」は、

青年期に続く、
第2のモラトリアム(猶予)期間にも
なり得ます。

『次のチャレンジ』に向けて、
人生をリセットする期間が、
50代くらいに【一度】あってもよいのではないでしょうか。



自分の体力、知力と
相談しながら、

70歳、75歳になっても
自分のペースで現役を貫く、

そんな格好いい「ニューシニア」が
この先、社会にどんどん増えていくのでは・・。


今一度、
まったく違う領域に足を踏み入れ、

新たな気持ちで
第2の『するべきこと』
スタートさせることが出来れば、

それによって、

〇 ルーチン・規則正しい生活
〇 当面の目的
〇 張りのある暮らし
〇 人間関係の維持
〇 金銭的なプラスアルファ


を得ることができます!


sky-business-stock-bubble.jpg


わたしは、世の中には
3つの仕事】があると思います。

1.ライスワーク
食べていくための仕事

2.ライフワーク
生きがいとなる仕事

そして、もうひとつが
3.ライトワークです。


ライトとは「light」 ⇒ 、ですね。

文字通り、
誰かを輝かせるための仕事です。


人生100年時代にこそ、
ライスワークだけでなく、

「ライフワーク」 ⇒ 「ライトワーク」に
挑戦できる時間的余裕が生まれるのです。
(なかなかスゴいことだと思いませんか?)

追記)

わたしは(おそらく)
今の仕事を70~75歳まで続けると思います。
そのために、50代で一度、
長期休暇をいただくかもしれません(^^;)

【追記: 18年7月4日】

上記文言(長期休暇)を見たお客様から、
「カンさん、いなくなるんだと不安に思いました」
とのお言葉をいただきました。

あのー、長期休暇と云いましても、
せいぜい2ヶ月くらいでございます。
(今のところ、語学留学を考えております・・(^^;)

あ




関連記事

| 人生をプランニングする | 17:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT