FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都・龍安寺にある「吾、ただ足るを知る」から学ぶ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスの『個別相談サービス』では、
ご質問・ご要望事項】という項目を設けています。

事前にメールでお送りして、
「面談」に臨む前に、
事前にご回答いただいています。

お客様自身がどんなことを
(面談に)求められるのかを、
ざっくばらんに書いていただこうという主旨です。


たとえば、
投資の期待リターン的なところでは、

リーマン・ショック以降、
とても「現実的な希望」が
寄せられるようになりました。

たとえば、こんな感じです。

〇 わたしは、
過大なリターンを求めているわけではなく、
長く投資を続けて、
年に3%~5%くらいの収益があればいいと
考えています。


これって、
分(ぶん)を知る
ということではないでしょうか。

分(ぶん)とは
「本分(ほんぶん)」のこと。

本分」とは、
あなたが出来ること、
あなたがほんらい果たすべきことです。



たとえば、
「年に3%~5%くらいの収益」という言葉は、

あなたが
自身のことを知っていないと
(なかなか)出てこないのでは?

また、外の世界の
現実的な景色】を知っているからこそ、

「年に3%~5%くらいの収益」という
言い様になるわけです。


「これくらいで充分。
これで良しとしよう・・」


このような、
物事の把握のしかたって、
インデックス投資』そのものだと思います。

(インデックス投資は
「平均でOKです!」
と言っているわけですから・・(^^;)


(話は急に変わりますが)
数年前に、
妻と一緒に京都の龍安寺に行きました。

そこには
(有名な石庭もありましたが、)

わたしが感動したのは、
以下の蹲踞(つくばい)です。


ryoan05b.jpg


  
知 口 唯
   足


口(くち)という漢字が、
4つの言葉の、
共通の部首になっているのです。

時計回りに読みます。

すると、

「吾 唯 足 知 (われ、ただ足るを知る)」
となります。


(このつくばいそのものが
アートですね(^^)


私たちは
投資という行いを通じて、

日々、
足るを知る」と
格闘しているわけです。

「もっともっと!」という欲を
冷めた目で見つめ、
「さらにさらに・・」という不安も
うまく飼いならそうとする。

(わたしもこの20年、
投資家としてずっと「もがいて」きました(^^;)

image.jpg


「ここだ。」
「この辺りで充分
」と、

満ち足りることができる
精神の在り様とは、

まさに、

〇 自分を知り、
〇 市場を理解し、

〇 己ができることを
分かったあとに訪れる

境地」のことではないでしょうか。


インデックス投資は
日本人が昔から持っている
メンタリティに、
とてもフィットしているのです。

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT