FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たとえバランスファンドでも、『リ・バランス』は必要?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

2018年現在、
『長生き』に関しては、
私たちは(まったく)異次元の空間 に居ます。

これから先、
会社の『定年』って、
65歳、70歳と
どんどん先送りになると思われますが、

そのスピード以上に、
「平均余命」が延びていけば、

(仕事を辞めたあとの)
人生時間は、
やっぱり伸びるわけです。


これって嬉しいこと!


たとえば、70歳の時点で、
「どんな資産運用の中身が適切なのか?」は、

(残念ながら)
今までの『教科書』には載っていません。


先日、個別相談の中で、
バランスファンドに関して
こんなご質問をいただきました。

カンさん、
「バランスファンド」なら、
『リ・バランス』って要らないんですよね。



表面的には、要りません。

でも、
深層的には、
『リ・バランス』は必要になってきます!

※ 特にリタイアする時期を挟んだ場合。


よく、

〇 全世界株式か、
〇 債券30、株式70の配分か、
はたまた
〇 8資産均等型のバランスファンドか?


「一体どれが良いのだろう・・?」と、
悩まれる姿を拝見しますが、

これって、
リスク資産」の中だけの話ですよね?


the-power-of-no.jpg


実は、
より重要なことは、

【無リスク資産(安全資産)】と
【リスク資産】の
割合決定」ではないでしょうか。


(これで初めて、↑
あなたが背中に背負う「リスク量」が
決まるわけです)

この話をする場合、

【リスク資産】= バランスファンドとすると、
とてもシンプルに話が進みます。


⇒ 大切なことは、
人生ステージの変化」に伴って、

【無リスク資産(安全資産)】と
【リスク資産(バランスファンド)】の、

「割合」を変えていくという、
方針決定』だと思います。


たとえば、
あくまで「仮の例」ですが。

A ~40歳になるまで。
B 40歳~60歳になるまで。
C 60歳~70歳になるまで。
D ~70歳以降・・・。


というふうに、
資産運用を4つの『ステージ』に分け、

【無リスク資産】と
【リスク資産】の『割合』をそれぞれ、

A 30:70
B 40:60
C 50:50
D 60:40 というふうに、

変遷』させていくわけです。



その過程で、

〇 マーケットが高騰していようが、
〇 下落が続いていようが、
そこは気にせずに、

あくまであなたの
『ライフステージ』を優先させて、


【安全資産】と
【バランスファンド】の中で、

上記「割合」に沿うように、
リ・バランス』を実践していく・・。

それにより、
背中に背負う『リスク量』を調整していく。


numbers_gif-446492.jpg


仮に70歳で
仕事を「ジ・エンド」とし、

そこからは、
【無リスク資産(安全資産)】60%、
【リスク資産(バランスファンド)】40%を
旨とするなら、

この『割合』をキープするように、

安全資産、
バランスファンド双方から
定期的な取り崩しを続ける。


⇒ 言い方を変えれば、
定期的な『取り崩し』(半年に1回とか、
1年に1回)をするときに、

ついでに
リ・バランス』もしてしまいましょう、ということ。

大局的に見れば、
バランスファンドでも、
『リ・バランス』は必要になってくるのです。

〇 こちらの記事もご参考に!
ヒトの本能をうまく騙して「リ・バランス」

あ




関連記事

| バランスファンド | 10:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT