FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やりたいことがある人たちの「可能性」を買うのが投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には
これ!といってやりたいことはないけれど、
でもお金を持っている人がいます。

また、世の中には
やりたいことが沢山あるけれど、
お金が不足している人がいます。

元来、金融が担ってきた役割は、

AからBに
お金が流れやすいような
縁の下の「しくみ」を作ることです。



上の文章のポイントは、
「縁の下」の部分であり、

金融はほんらい、
主人公(AやB)ではなく、

舞台でいうところの、
装置や背景そのものなのです。


むかーし昔は、
口利きのような人がいて、

その人が、
AからBの橋渡しをしていて、

その人がどんどん大きくなり
地域の金融センター(信用組合の源?)に
なっていったのでしょう。


元来は、
A(貯蓄)と、B(融資)の
橋渡し役であったものが、

リスクマネーそのものの「仲介役」
「調整役」にもなり、

それが「投資銀行的」なものとして
発展していきます。


では、
投資信託っていったい何かというと、

たくさんのAと、
たくさんのBを結ぶ
「装置」そのものなのですね。



この装置の特徴は、

出し手のお金も、
そのお金が向かう先も
十分に「分散」されていること。


投資に
ミドルリスク・ミドルリターンの道を
切り拓いたのが投資信託の功績なのです。



そんな投資信託ですが、
わたしは(厳密には、)
投資信託というフクロの中に、

金・貴金属や、
原油や仮想通貨を
入れるべきでないと考えます。

なぜなら、
お金の行き先が、

B また、世の中には
やりたいことが沢山あるけれど、
お金が不足している人たちがいます。


に、つながらないためです。


baby_haakuhansya.png


金・貴金属、原油や仮想通貨は、
特定の「資産価格」そのものです。

それに対して、
株式や債券や不動産は(実は)

やりたいことがある人たち(会社)が、
やりたいことを実践するための
器(うつわ)」に過ぎません・・。


★ これらの器の価値が
上がるか下がるかは、

やりたいことがある人たち(会社)の
パフォーマンス次第なのです。


あなたが仮に
株式や債券や不動産の
投資信託を買ったとしても、

それは結局、
やりたいことがある人たちの
可能性」を買っているのであって、

資産そのものを
買っているわけではありません。

あくまで「」が主人公であり、
株式、債券などは
入れ物にすぎないのです。

これから先、
お金を持っている人が増え、
やりたいことがある人たちが増えていく限り、

金融のすそ野はどんどん大きくなっていくでしょう。

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 16:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT