FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小さな『気づき』、発見隊!?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたは
Facebook(フェイスブック)ってやっていますか?

わたしは8年近くFBに参加しています。

もう毎日、
いろいろな人の投稿を見ますが、
(時々現れてくる広告も含めて(^^;

ココで見える世界って、

自分の知り合いの人たち、
自分が興味ある分野の
情報の集積のような気がします。


つまり、
わたしが覗いているのは、

自分という「窓」から見える、
心地のよい、
世の中の(ほんの)断片に過ぎないわけです。

おそらく、
わたしがまったく知らない、

何百、何千万という、
別のフェイスブックの「層」が無数にあり、

わたしはそれら膨大な層とは
一生関わりを持つことはないのでしょう。




Divided.jpg


このような『分断された世界観』は、
投資でも顕著だと思います。

たとえば、
ハンガリーの人はまず、

「ハンガリーの株式市場に上場する
ハンガリーの会社」に興味を持ちます。

当然ですよね。

だって、
いちばんよく知っているわけですから・
・。


チリのサンティアゴに住む人はどうでしょう。

「不動産」と云えば、
まず自国の不動産に
関心を持つのではないでしょうか。

(だって、
いちばん馴染みが深いわけですから)



自分の近くで
投資対象を固めてしまう『傾向』は、
どこの国に住んでいようが
普遍的に存在します。


これを専門用語で、
ホームバイアス現象」と呼びます。

フェイスブック的に云えば、

別々の国に住む
別々の投資嗜好を持った
何十万、何百万人の【関心】は、
見事に『分断』されているわけです。


そして、
投資という行いが厄介なのは、

あなたが
その投資対象を
良く知っているからといって、
その対象のリターンが高いとは限らない、
という点です。


(・・難しいですね(^^)


「なんかこれがいちばん良さそうな
資産の組み合わせだわ!」
と安易に満足するより、

「もしかしたら、
ワタシが気づいていない、
知らない投資対象が遠くにあるのかも・・」

と思える、
謙虚さ』が必要なのかもしれません・・。


tumblr_m8cr2wY4cL1qckp4qo1_500.jpg


では、
チリのサンティアゴに住む人が、

グローバルな不動産の投資信託(REIT)に
投資を行うというような「発想」は、
相当に高度なコトなのでしょうか?

いいえ、わたしは、
そうは思いません。


自国の不動産!
という『区分け』に固執するより、

不動産!という
資産としての『共通項』に
注目してみることです。

株式も、
債券も、
不動産も、

世界中に存在しています。


一見、知らない国の、
知らない人の営みが
モザイクのように
散在しているように見えますが、

「資産」をどのように扱うのかという点、
また、
リスクを取りながら「リターン」を得たい
という人の心情に、
そんなに大きな違いはないはず・・。


違いより共通項に注目して、

〇 冷めた感覚で、
〇 大きな視野を持って、

ざっくり世界マーケット
投資してしまうのもアリかも?
と思えるかどうか・・。


わたしは、
「世界市場ポートフォリオ」こそ、

あなたの
【小さな気づき発見隊!】になり得ると思います。


株式でいうところの
「世界市場ポートフォリオ」とは、

厳正に、
各国の株式市場の、
大きさの比率通り、

世界株式マーケットの
【縮小コピー】を、
あなた自身が・保有する感覚です。


無題


このポートフォリオは、
誰にも、
どこの国にも【味方】しません。

具体的な投資対象としては、

〇「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)や、〇「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」などが当てはまります。

上記を保有すれば、

日本を含む
先進国、新興国計47ヵ国
8,000近くの株式(中小型株も含めて!)
に分散投資が行えます。


たとえば、
VTのファクトシート(6月末現在)を見ると、

日本株式の組入れは
たった 8.2%程度であります。

シビアな言い方になりますが、
「日本は、世界の中心ではない」
ことが分かりますね。

「南米のチリが、
世界の中心ではない」のと同様です。


わたしは常々、

あなたの投資リスクは
日本という国のリスクから、
隔離』されるべき、と考えています。

〇 あなたは     ⇒ 日本に。
〇 あなたのお金は ⇒ 世界に。

という考え方ですね。



あなたという『人的資産』は
日本に居ますが、

あなたの『金融資産』は、
世界に散らばるのです。

これが本当の
「リスクヘッジ」だと思いませんか?

〇 こちらの記事もご参考に!
世界文明ノ児ナリ!

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT