FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

えっ!「相談する先」と「商品を購入する先」を分けるの?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

やっぱり、
いろいろ考えてみても
『電気洗濯機』を買うのに、

別途「相談料」を払って

「あのー、ワタシに合う電気洗濯機って
ほんとうはどれなのでしょう?」


と聞く人は、
いません・・。


illustrain09-kaden5.png


あっ、それに、

私たちは
電気洗濯機を買うときに、
その「代金」の中に、

メーカーや販売店の利益が
含まれていることを知っていますよね。

金融商品は?


あっ、金融商品も同じですよ。

〇 東京スター銀行に行っても、
〇 ほけんの窓口に行っても、
〇 みずほ証券に行っても、

相談自体は『無料』です。

これらサービス会社は
商品を販売する際に
「手数料」(利益)を得ていて、

私たち消費者も
それを承知?しているはず。

ですよね?

それを承知で
(ちょっと深呼吸してもらってから、)

山崎元さんの
以下の記事を読んでみてください。

【楽天証券】個人投資家のための切り札
「コンサルティングのアンバンドル化」

(アンバンドルの意味はのちほど判明します)


shinkokyu_woman.png


あなたはどう感じましたか?

正直、消費者の習慣って
そう簡単には変わりません。

電気洗濯機を買うのに、
これまで別途「相談料」を
払ったことがないわけですから、

「金融商品」について
山崎さんが言われるように、
【別の思考を持つべきだ!】
と言われても、

ん? そっ、そうなんだ!?


と半信半疑になってしまうのも
分かります。


でも、
上記記事より
「引用」してみますよ(^^;

お金の運用では、
「相談する先」と
「商品を購入する先」を
意識的に分離して、

それぞれを
最適なものにしようとすることが
決定的に重要です。



ChristineLucas-CompleteMindandBody-personal-coaching.jpg


んー、要は・・、
私たち消費者の「納得感」の
問題ではないでしょうか。


仮に、
とても親切に
『相談』に乗ってくれたとしても、

相談時の合間に見せた「あの表情」

「この、辻褄合わせのような数字?」

そして、
たとえば120分の中の、

ラスト15分くらいで
チラッと図表を見せる際に
発生した「ビミョーな間(ま)・・・・・・」。

嗚呼、

これも、あれも、それも、
すべてが、

もしかして
〇〇〇〇商品の提案に至る
『ストーリー』だったとしたら、


(いくら相談料は無料でも)
やっぱり興ざめしてしまいませんか?



わたしは
山崎元さんが
以下のように断言してくれている姿を
たいへん心強く思います。

また、
「引用」します。

例えば、
運用について相談したいことがある場合、

(1)運用方法・運用商品の
選択に関する相談は
信頼できるファイナンシャル・プランナーに
相応の相談料を払って行い、

(2)相談を踏まえて
自分が買いたいと思う
運用商品を最適な金融機関で購入する、

というステップを踏むことが
効果的且つ安全なのです。


同意です。

明日からまた、
仕事(コンサルティング)、頑張れそうです(^^)

【おまけ】
アンバンドル(unbundle )とは?

一括して提供されていた商品やサービスを、
細分化することを指します。

あ




関連記事

| わたしのFP修行 | 18:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT