FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

えっ、ラップ口座でインデックスファンド!?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたも「ラップ口座」という言葉を
聞かれたことがあると思います。

テレビのCMでやっていたりしますよね。

「ゆとりのひと ラップ口座」




これって、
投資一任契約】と呼ばれ、

「わたしの資産運用、
(文字通り)すべてお任せします。」
というサービス形態のこと。


あなたはもう、
眉ひとつ動かす必要がないのです・・。


おそらく、
上記のCMの場合だと
野村グループの総力を結集して?、

〇 あなたにふさわしい
〇 リスク分散されたポートフォリオを作り、

〇 優れた投資信託を選んでくれ、
〇 また「資産配分」も適宜見直し、
〇 健全なリターンを求めていくのでしょうが、

この
【全部お任せ!】に、

どれくらいの『手数料』を払うのが
妥当なのでしょうか。


たとえば、
【野村ファンドラップ】
バリュー・プログラム』だと、

〇 投資一任受任料 0.4104%
(実績報酬併用型もあります)

〇 ファンドラップ手数料 1.296%
〇 投資信託の運用管理費用 0.23%~0.38%


というふうに、
コストがかかってきます。

まあ・・、
全部足すと、
「年2%」くらいにはなるわけです。

年2%!



この『バリュー・プログラム』で
不思議に思うのは、

ポートフォリオを組む『道具』として、
インデックスファンドを用いている点です。


baby-surprised-340x231_201610081225060cc.jpg


「野村ファンドラップ」の
こちらのページをご覧ください。

投資対象となる投資信託
〔インデックス運用(注2)〕インデックスファンド


と、ちゃんと書いてあります。


これって、「おかしい」と思いませんか?

そもそも「インデックスファンド」を
用いる理由のひとつに、
【低コスト】が挙げられます。

トータルでかかってくる手数料を抑え、
あなたの実績リターンを底上げするため。
ですよね?

(「確実なこと」が何ひとつない
投資の世界で、
コストは数少ない『確定な事柄
= あなたが自分でコントロールできる事柄
ですから・・)


【野村ファンドラップ】の
『バリュー・プログラム』って、

たとえが適格かどうか
分かりませんが、

「ご飯」「納豆」
「わかめのお味噌汁」という、
シンプルな食事を求めているのに、

それが供されるのが、
西新宿のビル47階、トップフロワーで、

夜景も素晴らしく、
絨毯もふかふかの超セレブな場所で、

そこで
「ご飯」「納豆」と、
「わかめのお味噌汁」という料理に、
「1万8000円」請求されているみたいな・・。


そんな感じがしませんか?


clipart-question-mark-clip-art-quest-question-free-clipart-question-mark-494_743.jpg


次に、
ラップ口座の手数料の取り方です。

このようなサービスを提供する場合、
金融機関の仕事量が「多くなる」のは、
サービスの初期でしょう。

〇 お客様へのヒアリング
〇 資産配分(ポートフォリオ)の構築


ここの部分では、
相応の仕事をこなさないといけません。

でも、その後は?

そのあとは、
しっかり「モニタリング」をして、
「リ・バランス」をして、

というメンテナンス作業
主体でしょうから、

毎年、『同じパーセンテージ』を
報酬として受け取るのは、
わたしは「どうかな?」と思うのです。



ちょっと想像してみてください。

「年2%」の継続コストが
かかるということは、

あなたの投資成績が名目上、
「プラス2%」以上にならないと、

あなたの資産は・・?
そう、
目減りしていくということ。 ← ココ、重要!


たしかに
『バリュー・プログラム』では、

「インデックスファンド」を用いて
ポートフォリオを組んでくれて、
すべてお任せ!
なのですが、

私たちが自分で行う場合も
「インデックス投資」できますよね?

1.5%~2.0%のの年間コストを、
【お任せ料】として支払うのが妥当かというと、
わたしはそうは思いません!



たとえば、
完全固定型のポートフォリオで、

投資一任契約ではありませんが、

運用をお任せしているという点では、
「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」
などは、

継続コスト(運用管理費用)が
年0.17172%(税込)ぽっきりです。

これだって、
すべてお任せ!です。

世界は広いのです。

▼ 安房さんの
こちらのブログ記事もご参考に!
ファンドラップでインデックスファンド……何のための「低コスト投資」?


465-125.jpg

    『全国4ヵ所』縦断いたします!
    11月18日()in 東京
    11月23日()in 名古屋
    11月24日()in 大阪
    11月25日()in 福岡




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 08:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT