FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミスター・マーケットと内気で心配性なわたし


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

突然ですが、
ミスター・マーケットの姿を見たことがある人、
いますか?

What is Mr.Market ?


ミスター・マーケットって
いったいどんな顔をしているのでしょう?

どんな目で物事を見て、
果たしてどんな声を発するのか。

そもそも、
ミスター・マーケットは
善人なのか、悪人なのか。

わたしには皆目分かりません。

それは
あまりにも巨大で、
複雑で、
捉えどころのない存在なのです。



市場


ただ、
ミスター・マーケットがはじき出す
数字」のことは、
あなたもわたしもよく知っています。

「今日の日経平均株価の終値は
22,549円でした。」とか。


「今日のアメリカ市場、
ダウ工業株30種平均の
終値は25,178ドルでした。」とか。


あの株は
上がっていくらになりました。
この株は
下がっていくらになりました。

あの通貨は上がって下がって
いくらになりました・・。とか。


これらいずれも、
刻一刻と変化する「数字」です。

ミスター・マーケットは
あまりにも多くの人々の、
あまりにも大きなお金を飲み込むため、

いったいどういうプロセスで
それらの「数字」が
はじき出されるのか、
正確に知る者はひとりとしていません・・。



また、ミスター・マーケットは
誰かに味方したり、
特定の誰かを憎んだりはしません。

なんと言いますか、
超然」としているのです。

特定の「色」も、
おそらく喜怒哀楽といった
「感情」も持っていないのでしょう。


ただ、はじき出される「数字」が
アットランダムに
刻一刻と変わるだけ。

もしも、
ミスター・マーケットに
「体温」のようなものが存在するなら、

それを知る術(すべ)は、
「数字」という客観情報以外はなさそうです。


crisis-management.png


(ところで、)
あなたはそのミスター・マーケットを
遠くから眺めておくに留めますか?

(それもひとつの選択肢です。
決して否定はしません)

しかし、
それって、

遠くから
「あっ、富士山が見える!」と、
富士の山を見ているのと同じです。

富士山のことを知るためには、
富士山に登るしかありません。



それと同様に、
ミスター・マーケットのことを
知るためには、

文字通り
あなたが「市場」に
参加するしかないのです。



その条件ですか?
カンタンです。

「お金を供すること」です。


このお金のことを、
リスクマネー】と呼びます。


市場に参加するのに、

年齢も
性別も
出身地も
おサイフの分厚い薄いも
宗教も
信条も

なにも関係ありません。

ただし、
一点注意が必要でしょう。

それは、

あなたが頭の中で想像している
『マーケット』とは、

実際の
「ミスター・マーケット」の
ごく一部の姿であるということです。



大事なことなので、
もう一度言いますよ。

あなたが思い描いている
『マーケット』とは、

実際の
ミスター・マーケットの
ごくごく一部なのです。

続く・・)

あ




関連記事

| 投資家の感情リスク | 13:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT