FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界の不動産を(間接的に)1万個も所有できるなんて・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

私たちは、

〇 個別株を選ぶ、
〇 ひとつの債券を選択する、
〇 一個の不動産を選別することに


言いしれぬ魅力を感じます。

それは太古の昔から
私たちの祖先が
生き残りを賭けて、

ひたすら
ひとつのモノ】を
選び続けてきたためでしょう。

(選択という名の投資を行ってきたのです!)


一方、投資信託は
対象を選び切りません。

逆に、株式でも債券でも、
数え切れないほど銘柄を保有して
分散】を図ります。

そして、
不動産という資産でも、
1個の不動産を実物で選ぶのではなく、

たくさん物件を間接的に保有して
【リスク分散】に努める姿が
散見されるようになっています。

それが
不動産投資信託(REIT)です。


たとえば、
2001年に東京証券取引所に上場した

ジャパンリアルエステイト投資法人
というREIT(不動産投資信託)は、

日本初のREITであり、
『オフィスビル』に特化しています。

当該REITは、
・東京都内を中心に
70の物件(オフィスビル)を保有。
・ビルの平均築年数は17年。


(ところで、)
70個のオフィスビルを
保有するということは・・?

仮に1つのオフィスビルで
20の企業が
【スペース】を借りているとすると、

貸している相手方(企業)が
「1400社もあるよ!」ということ。



これは、

収益(賃料)の源が、
「1400種類に分かれているよ!」
ということに他なりません・・。



reits1-269x300.jpg


国内の取引所に上場する
60あまりのREITは、
オフィスビル型のみならず、

商業施設型、物流倉庫型、
ヘルスケア型、賃貸住宅型、
ホテル・旅館型など
「バラエティー」に富んでいます。


実物の不動産投資をしていると
ついつい忘れがちなのですが、

賃料(収益)を稼げる不動産は、
「居住用住宅」だけではないのです。



サラリーマンが
実物の不動産に投資を行う場合、

実質的に
「居住用住宅」という種類の不動産に
投資対象が限られてしまいます。


これってどうなのでしょう?

(居住用の住宅は
不動産という業態の
ごくごく一部に過ぎません・・)


image.jpg


★ 何かを選び切らず、
まるで「ズームアウト」するように

投資対象を
拡大させる】という方向で不動産を見ると、
がぜん面白くなってきます。

たとえば、
日本以外の世界のREIT
(不動産投資信託)に投資を行う

<購入・換金手数料なし>
ニッセイグローバルリートインデックスファンド】があります。

無題


当該インデックスファンドは
(日本以外の)
先進国、新興国のREITを網羅する稀有なファンドです。

組入れのREITの数は・・
ナント300!
運用レポート 9月末現在より)

あっ、これ、
組入れの「銘柄数」が300でなく、

「REITの数」が300なのですよ。


ということは?

仮に、
控えめに見積もって

ひとつのREITが「35個の不動産」を
保有しているとすると、

300 × 35
= 10,500個の【不動産】を
あなたは間接的に保有することになります。



3948fab2ca65ad3c41ba8f02bdf8df42.jpg


上記、
「グローバルリートインデックスファンド」は、
アメリカ、豪州をはじめ
世界中のREITを保有しますが、

(国・地域、
通貨の分散が為されますね、)

【業態】はさらに多様であり、

オフィスビル、商業施設、
物流倉庫、
携帯電話基地局、ヘルスケア施設、
賃貸住宅型、データセンター
ホテル・リゾート施設など
不動産のカタチは多岐にわたります。


また、ファンドの形で投資を行えば、
〇 毎日毎日『価格』が付きますし、

(実物不動産と違って)
購入単価が低いので、

〇 投資時期の分散・・【つみたて投資】
〇 取り崩しの分散・・【定期・解約】が可能です。


わたしは最近思うのですが、

何かひとつを選び切るより、
広く分散させるという【思考】は、
明らかに
ヒトとしての「進化形」ではないでしょうか?


繰り返しになりますが、
賃料(収益)を稼げる不動産は、
「居住用住宅」だけではないのです・・。

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT