FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インデックスファンドを選ぶのはあくまで消去法?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

YUMAさんの
こちらのブログ記事が興味深いです。
アクティブファンドに良いものがないからインデックス投資してるという人は多いはず

今から50年前、
すべての投資は
「アクティブ」でした。


ホントです。
個別株も、投資信託も含めてです。

投資信託でいうと、
メーカーさん(運用会社)が

〇 どのような考えを持って、
〇 どんな手腕で、
〇 銘柄を選んでくれるのだろう?

〇 そして、
上手に売り買いしてくれるのだろう?

〇 そして、
ワタシの成績はどのくらい上がるのだろう?

という、
ワクワク感』で溢れていたのです。


ところが、
『市場平均』と同じ値動きをする
投資信託が登場してきて・・。


「あれ?この〇〇ファンド。
カッコいいこと言ってるけど、
市場平均と成績変わらないじゃん。」

みたいなことが、
ぽつぽつ
起こるようになってきたのです。


また、
『市場平均』と同じ値動きをする
投資信託が登場してきて、

そもそも、

このファンドに支払う「手数料の大きさ」が
このファンドの「運用手腕」に、
【見合っているものか】どうかを、

ひとりひとりの消費者が
真摯に考えるようになりました。


sky-business-stock-bubble.jpg


YUMAさんは記事内で
こう言われています。

アクティブファンドのマネージャーなら、
成績を見せる前に
投資家に夢を見させてくれるような
ストーリーを語って欲しい。


たしかにそうですね。

「私たちはこれで行くんです!」
という、
強烈な個性】とでも言いましょうか。

よほどのことでは『考え方』がぶれず、
(= 信念が硬く)

あくまで独自性、
= オリジナリティにこだわる。

「アクティブらしい」
「アクティブ・ファンド」を
私たちはどこかで求めているはず・・。


でもさぁ、
(それが)なかなか見当たらないんだなぁ。

で、
他によい投資信託も探せないので、

二次的に、

まあ、
こっちのほうが「まし」かな。


という感覚で、
インデックス・ファンド」を選んでいる人も
多いのでは?


ん?

それで良いのですよ。

『インデックス・ファンド』って
セカンドベストなのです。

インデックス・ファンドって
ベターなだけ。

(平均ですから、ベストには
なりようがありませんし!)



わたしがいつも思うこと。

アクティブ・ファンドって、
すでに存在している「成績」が
過大評価されがちです。

真に難しいのは、
よい成績が生まれる前に、

よい成績が生じる
アクティブ・ファンドを選ぶことなのです。



わたしなど、
投資の基本原則、
長期・分散・低コスト】を
いちばん実践しやすいから、

(結果として)
(ただ、)インデックス・ファンドを
チョイスしている、
という感覚を持っています。

あくまで【消去法】なのです(^^ゞ

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 08:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT