FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ひふみ投信の、長期保有者に対して口数を還元するサービスって普遍的だと思う


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

おそらく、
どこの国を見渡しても、

個人投資家のリターンは
市場そのもののリターンより
低くなっているはずです。

その理由は?

私たち投資家が
ムダに売り買いをしてしまうためです(-_-;)



無駄な売り買いをせず、
じっと持ち続けることを
【長期保有】= バイアンドホールド
と言いますが、

これがなかなか難しい・・。

しかし【長期保有】は
投資家に『利益』があるだけでなく、

ファンドを運用する側にも
大きな『メリット』があります。


ファンド保有者が
長く持ち続けてくれると、

運用会社は
余計な解約に備える必要がなく、
運用に専念しやすいのです。

<これぞウィン・ウィンの関係では?>


このたび「ひふみ投信」が
運用開始から10周年を迎えました。

(実は)ひふみ投信は
長期保有してくれている
ファンド保有者に対して、

『口数』を付与するという
サービスを行っています。

ひふみ投信の【ニュースリリース】はこちら。


hifumi_chokuhan_3.png


以下、引用)

※2。このたび「ひふみ投信」を
10年以上継続保有いただいている
お客様へ初めて

(受益権口数に係る資産残高の年率)0.4%に
相当する口数を還元いたします。

※2  5年以上継続して保有いただいている
お客様には0.2%を還元

引用、終わり)



要は、
還元する金額(応援金)で、

該当するファンド保有者に
「ひふみ投信」を
追加で買い付けてくれるわけです。

(その結果、保有する口数が増える)

これって素晴らしいサービスだと思いませんか?


そのファンドを
長く持てば持つほど、


『無料で・定期的に・追加投資』ができる
ということなのです。


また、
保有資産額のパーセンテージで
追加投資の金額は決まりますから、

結果として、
そのファンドを
多く持てば持つほど、


『無料で・定期的に・追加投資』してくれる
ボリュームも大きくなります。



その投資信託を
「長く持ち続けよう!」という
インセンティブになりますね。

それに、
この【口数の付与】は、

分配金の再投資どころではない、
ピュアな【複利効果】が期待できます。


(分配金はファンド内からお金を出すこと。
口数の付与は純粋な追加投資。

それに、普通分配金の自動再投資って、
税金を払ったあとの投資に過ぎません)


taiiku_sakaagari.jpg

世の中には
実にさまざまなサービスがあります。

貯まったポイント
投資信託が買える。とか。

投資信託を買うことで
ポイントが貯まっていく。とか。


あるいは、
周りを見渡してみると、

新たな組み合わせで
これまでとは異なる
付加価値提供を目指す『事業会社』もあります。

たとえば、
KDDIと大和証券グループによる
「KDDIアセットマネジメント」の設立。

つい先日、
丸井グループが
tsumiki証券を始めましたし、

LINE FinancialとFOLIOによる
「LINEスマート投資」も挙げられます。


でも、でも、です。

投資信託を保有する人に対する
サービス提供】という意味では、

〇 そのファンドを買えば買うほど、
あるいは、
〇 そのファンドを長く持てば持つほど、

当該ファンドに
『無料で・定期的に・追加投資』ができる。


つまりは、
自身が保有する
ファンド口数が
増えていくという【サービス】が、

投資信託という商品として
王道】であるとわたしは思います。


追伸)

「eMAXIS Slimシリーズ」の
直販を計画している
三菱UFJ国際投信には、

ぜひとも
ひふみ投信の上記サービスを
踏襲してもらいたいなぁ・・。

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 12:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT