FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたとお金の親密度を測るための55の質問


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

この仕事(相談業務)を
長くしていますと、
事の本質について考えさせられることがあります。

乗り物のお話・・)

あなたは現在、
クルマに乗っていますか?



lgi01a201401220000.jpg


必要上、YESという人もいれば、
嗜好としてYESと答える人もいるでしょう。

また、必要がないので
NOという人もいれば、

単に好きではないからNOです。
という人もいるはず・・。


「クルマは文明の利器なんだから、
それに乗らないなんて、考えられないよ!」


と言う人はいませんよね。

投資も、

最終的に実行するか否かは
その人の個人的な【選択】です。

もう少し突っ込んで申しますと、
投資にも、
向き・不向き』があると考えます。


投資は
(その対象がどんなものであれ)
不確実性を伴う行為です。

アットランダムな
価格変動が起こるのがふつう・・。

このような
自分ではコントロールできない「変動」を、
生理的に受け付けにくい人もいるのです。
(↑ 資産の多寡は関係なく・・)


投資の成果は他力本願的です。

ですので、
あなたの誠実な態度とは裏腹に
資産価格が下がることもあるわけです。


無題


わたしはFPとして
活動しているからこそ思うのですが、

心身ともに
非常に不快に感じることを、
無理して行うことはありません。
(ストレスは生半可なものではありませんし・・)


また、強迫観念的に
投資をしなきゃ!!
と思いすぎるのも要注意でしょう。

世の中に溢れる情報の中には、
【何らかの意図を持って】
提供されるものが少なくありません。


〇 インフレが起こったら
資産の実質価値が目減りするから
投資が必要ですよ!


(でも、インフレが起これば
金利も上昇して、
預金や債券でもらえる利息も増えますよ)

〇 国の年金制度は
あてにならないから投資が必要ですよ!


(んー、たしかに・・。
でも、まず始めるべきは
iDeCoなどの税制優遇制度でしょう。

預金という選択肢もありますし。
節税するだけでも、立派な資産運用なのです)


20150803124641a0a_201709121001392de.png


★ とにもかくにも
自分を知ること」って大切です。

あなたがお金に関して
どういうタイプの人間なのかを知ることが、

投資に対する向き・不向きや

(もし投資を行うにしても)
どのような投資スタイルが
自分に合っているかを紐解く【ヒント】となるはず。


当オフィスでは、
コンサルティングをお受けいただく方に
あなたとお金の親密度を測るための55の質問』にお答えいただいています。

自分がお金について
どんなイメージを抱いているのか。

これまでお金とどんなふうに
関わってきたのか・・。


断片的ではありますが、
振り返りの体験」をしていただけると思います。


そして、
(ここからはあなたが
投資にYESの場合のお話ですが、)

投資における「主人公」は
常に、いつの時代も、
あなたなのです。


特定口座という『道路』や、
もっと便利な
iDeCoやNISAのような『道路』が
整備され、

その上を走る
投資信託という『道具』が
すこぶる充実しても、

道を、走るのは、誰ですか?


あなた自身ですよ。

20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg




関連記事

| 投資家の感情リスク | 18:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT