FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英「スマホ銀行」レボリュート、日本に進出へ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

〇 本日の日経新聞から。
「デジタル銀」英で急成長 ユニコーン続々、日本進出も

イギリスでは、
スマホのアプリだけで営業している
スマホ型銀行」が台頭し、

上記記事では、
レボリュート(Revolut)」という
銀行が紹介されています。

来年、日本にも進出するそうです!


 「Revolut lands in Japan

無題


アプリの事前登録が出来るようなので
わたしはさっそくしました(^^;


このスマホ銀行の特徴は
2つあります。

1.外貨両替のレートが分かりやすく
かつ、為替手数料がゼロ。

以下、引用)

平日は銀行間相場とほぼ同レートで
主要通貨に口座内で両替したり、

引用、終わり)


銀行間相場とは
「インターバンクレート」のこと。

これは、
私たち消費者には
もっとも有利なレートなのです。

2.海外送金の手数料も無料

これは驚きですね。


ただし、
このようなサービスには
金額に【上限】があり、

記事によると
イギリスでは
月5000ポンド(約73万円)まで
なのだそう・・。


つまり、
ビジネスモデルとしてはおそらく
「月額有料サービス」の
ようなものを提供し、

それに加入すれば、
外貨両替も海外送金も
『上限額』がなくなる、
というイメージではないでしょうか・・。


たとえば、
以下のような利用法が考えられます。

〇 レボリュートに入金。
〇 アプリでユーロに両替。

事前に
〇 カード(デビットカード)を
申し込んでおき、

そのカードを使って
パリでお買い物!
(ユーロで決済される・・)


あっ、すみません、
わたしの個人的な願望が入っています(^^;


9e2bf9036c5882c7b6c32b0b71bf4175.jpg


ほんらい、
お金とは「信用」ですから、

実物のモノである必要はなく、
『ネット』ととても相性が良いはずです。


が、
規制に守られてきた
日本の銀行サービスは
歩みが遅すぎます・・(-_-;)

そもそも、
投資信託を積み立てているあなたは、

基本、
ネット上(アプリ上?)で
取引のすべてが完結しているはず。


これからは
日本の店舗型銀行では
口座管理手数料を徴収し始めたり、

振込み、引き出し時の手数料が
アップしていく可能性が大でしょう。

わたしはレボリュートのような
フィンテック型の
金融サービスの本丸は、

個人間の
「融資サービス」になると思います。



4033-450x337.jpg


つまり、
個人が銀行に代わって
お金の『貸し手』となり、
『借り手』の個人とつながるイメージです。

(もちろん、アプリ上で!)


AIの普及により
個人の信用レーティングが
きめ細かく管理可能となり、

また
費用比率が劇的に下がることで、

たとえば、借り手にすれば、
消費者金融をやめて
「スマホ・レンディング会社」から
借り直すことで、

金利が18%から10%に下がる、とか。


貸し手である個人も、
普通預金の一部を
「スマホ・レンディング会社」に
出資することで、

利息が0.01%から5%に増えるとか。

そういう時代が
遠からずやってくるでしょう・・。

レボリュートのような
「スマホ型銀行」の台頭は
日本の古い金融サービスに
風穴を開けていくことになります。

▼ こちらの記事もご参考に!
銀行が、末端の「お金の出し入れの箱」になってしまう!?

あ




関連記事

| 経済よもやま話 | 17:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT