FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

江戸時代的な『待ち』が要求されるインデックス投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今から50年前には
微塵も存在しなかった投資のやり方。

単純明快すぎて
誰も思いつかなかった手法。

それが『インデックス投資』です。

これは
複雑に事象が絡み合った
高度な情報化社会にふさわしい、
まったく新しい投資の【発想法】なのです。


市場全体に広く投資するので、

〇 あなたに
『特別な能力』は要りません。


〇 『何か良さそうなモノ』を
探す必要もありません。



インデックス投資のコンセプト自体は
中学生にも
理解できるとおもいます。 

ただ、ひとつ。
難しいことがありまして・・。


それは、
じっとしている、ということ。


外部の状況の変化に
いちいち反応せず、

余計な行動は取らずに、
ただじっとしている
(= 待っている)。

コレ、
忙しい現代人にとっては、
想像以上に難しいことではないでしょうか。


waiting-2.png


(話題は変わりますが、)

あなたは昨日ランチを食べるために、
店先で何分並んで待ちましたか?

大好きな歌手の
コンサートチケットを手に入れるために、
スマホの前で2時間、3時間待てます?

先月受けた健康診断の結果が
半年先まで分からないとしたら・・。



自分のお金を増やすために、
5年も6年も、いや、

10年も20年もただひたすら
待ち続ける】なんて、
はっきり言えば 時代錯誤的 でさえあります。


考えてみますと、
私たちの先人は
【待つ】ことを克服するために、

生活のあらゆる面で、
便利さ、効率性を追求し、
努力を重ねてきたわけです。

その結果、私たちは
便利な生活
(= 長く待たなくてもよい生活)を
享受しています。



長期の時間軸で
ひたすら「つみたて」を続け、
投資の成果を首を長くして
待ち続けるインデックス投資は、


f0122653_10311243.jpg


たとえば、江戸時代、

「おいらは
一生に3回もお伊勢参りができたよ。
嗚呼、幸せな人生だった・・」


とつぶやく、
一農民に近い
【時間感覚】 なのかもしれません。


日頃、忙しい自分とは
「まったく別の」
アバウトな時間軸を持っておく・・。

これが、
インデックス投資を続ける
『秘訣』なのでしょうね。




関連記事

| インデックス投資全般 | 11:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT