FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピーター・フランクル と ハンガリー


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしは数年前から
「ハンガリー」という国に関心を持っています。

(もちろん)【投資対象】として、
ハンガリーという国のエッセンシャルな部分に
惹かれているのです。

皆さん、
ピーター・フランクル という人を知っていますか?
(数学者にして、大道芸人である、あの方 です・・)

氏は1953年 ハンガリーに生まれますが、
26歳の時、フランスに亡命しました。
(このことは、氏が ユダヤ人 であることと
 深く関係しています)

フランクル氏は、
あるインタビューで次のように答えています。

「ぼくは、フランス国籍は持っているし、フランス語も話せるが、
自分のことをフランス人だとは思っていない。
ぼくが生まれ育ったのはハンガリーだ。
でもハンガリー人だとも思わない・・」

んー、バックグランドからいうと、
氏は「ユダヤ系ハンガリー人」と称されますが、

アイデンティティーというものは、
一筋縄にはいかないものですね・・。

さて、ハンガリー人(マジャール人)の祖先は、
ウラル山脈のふもとに暮らしていた
「アジア系の騎馬遊牧民族」です。

(つまり、私たちと同じ
 アジア系の人たち なのです)

東方から移動してきた騎馬民族が
この地 に定住したのが 896年頃 とされています。
(ハンガリー建国の年 にもなっています)

ちなみにハンガリー語(マジャール語)の「人名」は、
日本語 と同じように
姓・名 の順で書きます。

フランクル氏も、
ハンガリー式では
「フランクル・ペーター」と云うらしいです。

また、子、丑、寅などの 十二支 も、
ハンガリーの人たちは知っているのだそう・・。

ハンガリーは 教育熱心な国 です。       
(教育は その国の未来を占う重要な【要素】ですね)

上記のフランクル氏も 数学者 ですが、
この国からは、偉大な科学者 が多数輩出しています。
それは、なぜなのでしょう?

(誤解を恐れずにいえば)
【辺境からの独創】という言葉が
キーワード になると思います。

ハンガリーの人々は、
ゼロ から 有 を創り出すことに長けているのです。


この国では19世紀末から20世紀にかけて、
とりわけ「科学」の分野で、
独創性を持った人物 が多数輩出しました。

放浪の数学者として知られる ポール・エルデシュ、
原水爆の開発に貢献した エドワード・テラー、
ビタミンCを発見した アルバート・セント・ジョルジィ、
非協力ゲーム理論で名を馳せた ジョン・ハサーニなど・・。

これらの「成果」にはちゃんと 理由 があります。
【教育の充実】なのです。

ギムナジュウム(高等学校)と呼ばれる
「才能」を発掘し、それを伸ばしていく
教育システムが 整っていたことが大きいと思います。

教師が生徒の「自主性」を重んじ、
学問そのものへの 熱意 を伝えているのです。

何より教師自身のレベルが高く、
(教師による)学問の研究 と 学生との対話 が
(ぶれることなく)
一直線上 につながっているのが特徴です。

この教育の伝統は、
今も受け継がれています。

1994年にノーベル化学賞を受賞した
ハンガリー人 ジョージ・オラー は、
いみじくも次のように語っています。

「21世紀が近づいている。
国の将来は、若者の教育に
どれほどのものを提供できるかにかかっている。

教育 は未来への最高の「投資」だ。 
非常に競争的な時代に突入しているからこそ、
これが重要になっている。

(中略)

科学は国際的な事業で、
一国だけでは発展させられるようなものではない。
しかし、自然資源に恵まれていない国では、
もっとも重要な資源が 人間そのもの なのだ・・」と。

まさに、
日本 のことを示唆していると思いませんか?

わたしは「ハンガリー株式インデックスファンド」
のような金融商品が出てくれば、
ぜひ投資したいと思っています。

では皆さん、素敵な週末をお過ごしください。



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/29-67149bec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT