FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テクノロジーとしてのインデックス投資


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昔の洗濯機は
いわゆる『一槽式』で
洗うだけしか出来ませんでした。

昭和40年代になると
二槽式』が登場します。


sentaku_04.jpg


よく母親が
洗濯槽から洗濯物を出して、
脱水槽に入れる姿を見ていました。

もっと過去は・・?


(洗濯物は)
洗濯板を使って
『手動』で洗っていましたね。

じゃあ現在は・・?


乾燥まで「ひとつの槽」で
すべてお任せも可能。


slide_IMG_6769.jpg


そう、『全自動』の感覚です。


結局のところ
テクノロジーの【進歩】とは、

ヒトによる【手動】から、








すべてを任せる
全自動

までの『プロセス』を
指すのではないでしょうか?


【手動】って?
ヒトが自分でする。
すべて意思決定するわけです。


そのうち、
作業は『モノ』に
任せるようになります。


そして最終的に、
ヒトがその『モノ』に
『意思決定』までさせる・・。

これが【全自動】。



投資の世界でいうと、
最初は「個別株」への
投資がメインでしたね。

したがって

「どの会社の株を買うのか?」


この選択に
私たちの先人は、
多大なエネルギーを要したわけです。


その後、
投資信託が登場し、

自分ではせずに、

作業(= 銘柄選び)
『モノ』(投資信託)に
任せるようになりました。



1434454545-3867.jpg


(これをきっかけに
投資の大衆化が進みます・・)


そして、
インデックスファンドや
ETFの登場によって

運用そのものが
より『システマティック』になります。

同じ『作業』(銘柄選び)でも、
人の「目利き力」に
任せるのではなく、

市場そのものの「動力」に
自らを委ねてしまうという、

明らかに【違うベクトル】に
舵を切ったわけですから・・。


その結果、
ヒトは『投資』に(より)
時間を割かなくなります・・。


インデックス投資って
どこかテクノロジーの匂いがするのです。


インデックスファンドや
ETFはよりカスタマイズされ、

瞬時に「リ・バランス」や
「追加投資」も実践され、

ファンドの取り崩しも、
その『作業』から
『意思決定』まで、

やがてテクノロジーに
委ねることになるでしょう・・。


「洗濯」において、
もはやヒトがほとんど何もしないように、

「投資」においても、
ヒトがほとんど何もしなくてよいように
なっていくわけです。



わたしは、
それで良いのだと思います。

今勃興している
「ブロックチェーン」の技術が整備され、

AI(人工知能)が
生活の隅々に行き渡るようになれば、

週2日働いて、
週5日お休みという「世の中」に
(本当に)なっていくわけです。

「そのとき、人間は何するの?」


というのが、

ヒトに課された
【大きな宿題】なのかもしれません・・。

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT