FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFが生まれた日


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今から26年前の今日(1月29日

アメリカン証券取引所に
現存する最古のETFである、

『スタンダード・アンド・プアーズ預託証券』
(現:スパイダーS&P500 ETF 銘柄コードSPY)が
上場を果たしました。

寒さ厳しいニューヨークで
SPYの初日の売買高は100万口を超え、
上場の滑り出しとなりました。

が、
次の日の出来高は約48万口となり、
2月11日までに1日の売買高は
ナント2万口程度にまで減少してしまったのです。


kabekin2636-400x270-MM-100.jpg


それもそのはず、
ETFという「新しいツール」に対して、

これをどう位置付ければよいのか、
当時の金融関係者には
十分理解されていませんでした。

証券会社は、
「それは株じゃないよね」と云います。


投資信託の運用会社は
「それは投信じゃないよね」と呟きます。


投資信託の販売会社に至っては
「それって販売手数料が入ってこないから、
うちには関係ないよ」という始末。



ETFが開発されるきっかけとなったのは、
1987年10月19日のブラックマンデーです。

市場が(たった1日で)激変する中、
一度の取引で株価指数(S&P500指数)を
機動的に売買できる商品が
求められるようになりました。


以前
ETF、夜明け前・・『誕生秘話』 その1)
という記事内で触れましたが、

80年代後半、
アメリカン証券取引所と
ステート・ストリートは
『合同チーム』を作り、

法律事務所とも連携しながら
新たな金融商品(ETF)の誕生を目指します。

しかし
SEC(米国証券取引委員会)を説得し、
ETFが上場の承認を受けるまでに
ナント4年もの月日を要したのです。


ETF_20150209190703be3.jpg


この【新種の商品】は
(しかしながら)
たしかに投資家の潜在ニーズを
掘り当てていました。


ETFとは、
投資信託の分散効果と、
株の機動性を併せ持ったプロダクト。


個人も
機関投資家も
まったく同じ条件で

既存の証券口座から
安価に
株価指数が内包する
資産の売買ができたのです。


しかも
(投資信託と比較して)
販売会社が介在せず、

S&P500の構成銘柄からなる
『ユニット』内には
資金の出入りがないため、

結果として(既存の投信より)
けいぞくコストである『経費率』を
抑えることができました。



イノベイティブな投資家は、
自分たちのリズム、
自分たちに合った方法で
勝手にETFを触り始めます。

1993年の終わり、

米国初のETF(SPY)は
紆余曲折がありながらも、
純資産残高が5億ドル程度まで成長しました。

それでも、
米国で2本目のETFが登場するまで
1年以上(1995年3月)待つ必要があったのです。


SPY.jpg


こんにち、
「スパイダー S&P500 ETF」(SPY)の
純資産額は2400億ドルを超え、
(1ドル100円の計算でも24兆円!)

直近3ヶ月の1日あたりの売買高は
1億2000万口近くを数え、
世界でもっとも大きなETFとして
知られています。

物事は急には変わりません。

しかし、いったん変わってしまった後では、
「当然でしょ・・」という顔をして
そこに座っているのです。


今日はETFが生まれた日ですよ。

あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 11:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT