FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金融リテラシーをめぐる親子間の知識差について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

個別相談の中で、
たとえば70分過ぎあたりで
ご本人のお悩みは解決できたので、

A 33歳の山田さん(仮名)が、、
お母様の運用について相談される。


あるいは、

B 66歳の小川さん(仮名)が
息子さんの運用について相談される。


という【ケース】があります。

どちらが件数として多いかというと、
Aのほうです。


これまでわたしが経験してきた
(あくまで)感覚値ですが、

金融知識については、
息子さん娘さん世代のほうが、
親御さん世代より
長けていると思います。


この理由はある意味シンプルで、

若い時分に
「金融の知識」を

ある程度持ちうる環境にあったかどうか。

ココに違いがあるためでしょう。


今、33歳の山田さんは?

たとえ投資はしていなくても、

「アメリカダウ平均」という言葉は、
おそらく中学生くらいから
見聞きされていたと思います。

また、マーケットの起伏が
経済に影響を与えているという感覚を
(たとえばリーマンショックなどで)
自然に持たれていたはずです。


いっぽう、
66歳の小川さんはどうでしょう?

若いときは総じて
世の中が『高金利』であったために、

「預金」「貯金」で
お金の置き場所は完結しており、
金融の知識がなくても
何不自由なかったと思われます。

親子


実は今申し上げた
高金利』が
ひとつのキーワードではないでしょうか。

33歳の山田さんは
そもそも『高金利』というものを知りません。

ですので、

年率8%、10%と謳われても
なにか「異質なもの」を感じ、
警戒心が芽生えやすいのです。



いっぽう
66歳の小川さんは、

昭和の終わりから
平成のはじめにかけ、
年率7%、8%という『高金利』を、

郵貯の「定額貯金」とか
ニッセイの「養老保険」などで
実際経験しているため、

(=肌感覚を持っているため、)


『高金利』を謳う商品を
信じてしまいやすいのだと思います。



そして、
銀行や保険会社は

このような
シニアの方々の
金利に対する【感応度】をよく知っていて、


それを販売戦略に取り入れ、
外貨建ての個人年金や
外貨建ての終身保険を売っているはずなのです。


ojisan1_angry.png


夢見る父さんの記事
銀行を信じるほうが愚かなのか】を読んでいて、
改めて問題は深刻だと思いました。

夢見る父さんは
こう言われています。

今の高齢者はお金は持っても
知識がない人が結構いるので、
こうした話は枚挙にいとまがありません。


たしかにそうですね。

換言すれば、
若い人は
知識は持っていても、
お金はあまりないわけです。


わたしは、

〇 親御さんのお金の管理について、
〇 娘さん、息子さんの助言が
  適切に為されることが、


ヘンな金融商品に引っかからない
ベストマッチング」だと思っています。

が、

たとえ親子間でも
「お金のこと」を開示するって
なかなか難しいもの・・。


身内で、
近ければ近いほど
照れ臭く、

「お金のこと」には
あえて触れないなんて、
ヘンなカルチャーが残っていますから・・。

(あっ、たまには
お母さん、お父さんに電話してあげてくださいね!)

あ





関連記事

| 人生をプランニングする | 12:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT