FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託は信用リスクを除去した金融商品


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはこう見えても
内気で心配性なA型です。

けっこう「最悪の事態」を
想定してしまう性質です。

先日、東日本大震災の発生から、
丸8年を迎えましたが、

わたしは阪神淡路大震災も
経験しています。

モノが潰れる、
モノが押し流される、
町そのものが一瞬にして
変貌してしまうという事実は

おそらく、わたしの価値観、
特にモノの所有にこだわらないという
考え方に、影響を与えていると思います。


TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


資産運用全般において
投資対象の価値が急変する、
あるいはゼロに帰すということは、
残念ながら「ときどき」起こります。

たとえば、JAL、武富士、
エルピーダメモリなどの
株式を保有していた人は、

株主責任として、
企業の倒産リスクを被りました。

あるいは、
社債という投資でいえば、

2001年当時、
マイカル債を保有していた弊所の
お客様がおられました。

マイカルは
2001年に民事再生法を申請、

その後、個人の債権者に対しては
額面の30%を上限に
弁済が行われることとなったのです。

(つまりは7割の損失です)


あるいは、
生命保険という商品はどうでしょう?

1990年代末から2001 年にかけて、
東邦生命、第百生命、大正生命、
千代田生命、協栄生命など、
多くの生命保険会社が破たんしました。

協栄生命で
個人年金保険に入っていた弊所のお客様は、
年金額の「4割以上」が削られることとなりました。



保険商品で酷いなと思ったのは、
早期解約控除』が
設定されていたこと・・。

保険会社が破たんした場合、
すぐにでも解約して
資金を引き上げたいところですが、

弊所のお客様が保有していた
個人年金保険では、

破たん後、
一定期間内に解約すると
解約返戻金が(余計に)削減されてしまう
こととなったのです。

これが
早期解約控除。


bankrupt2.jpg


水瀬ケンイチさんが以前、
【日本初ペイオフの日本振興銀、払い戻しは4年かかって一律58%のみ】という記事を
書かれていましたが、

私たちはすでに
銀行の倒産リスクを
このように目に見えるカタチで
経験しています。

上記の日本振興銀行に関しては、
もし同行に1000万円を超える預金をしていたら、

(1000万円を超える部分については)
投資家は42%の損失を被ったこととなります。


自分の資産を増やしたいけれど、
信用リスクというものが
常につきまとう。。

では「ファンド」はどうなのでしょう?

ファンドには、
信託という機能を備えたファンドと、
そうでないファンドがあります。


信託という機能を備えた
ファンドのことを
私たちは「投資信託」と呼んでいます。
(ETFも信託機能を備えています)



信託という機能を備えていない
俗称としての「ファンド」には
いろいろありますが、

その一例が、
匿名組合契約による、
自称『ファンド』です。


fund4_1.jpg

ホテルファンド、映画ファンド、
エネルギーファンド、
ワインファンドなど、

さまざまな匿名組合契約による
『ファンド』があります。

匿名組合契約による
『ファンド』を買う投資家は、
身分としては『匿名組合員』となります。

組合員は【営業者】に対して
お金を出資するわけですが、


これは、
【営業者】に対して有する
利益分配の請求権や
出資返還の請求権であり、

「債権」に過ぎません。

仮に【営業者】自身が破たんした場合、
預けていたお金が
返ってこないリスクが存在するのです。

匿名組合契約においては、
貸付債権の『保全措置』、
あるいは『分離措置』が

適切になされているかどうかを
チェックする必要があるでしょう・・。


わたし個人は
毎日毎日の「価格形成機能」

つまり、
毎日の値段(時価)が
確認できない金融商品には
決して投資しません・・。



このように振り返ってみますと、

不動産を直接保有する
個別株式を持つ
社債を買う

預金で持つ
貯蓄性の保険商品を買う
自称「ファンド」を保有する

これらに共通するのは、

『潰れてしまうリスク』
または、
『資産の預け先の倒産リスク』を
隔離できないことです。



ほんとうにシンプルな
消去法なのですが、

投資信託は
これら信用リスクを除去できる、

(つまりはその価値が
ゼロになる心配をしなくてよいという点で)
革新性に富んだ金融商品だと思うのです・・。

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 08:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT