FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トイレの中で「お金」を数えないでください


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

タイトルに
『トイレの中で「お金」を数えないでください』
と書きましたが、

あなたはどう思われますか、
トイレで「お金」を数えている人って??

〇 お金との距離が近い(文字通り!)
〇 いつもお金のことを気にしている。

〇 お金が減っていないか心配である。
〇 不安感から、お金を拠り所にしている。



実はお金を溜めこむことと、
お金を増やすことに執着することは
底辺で「つながって」います。

どちらも
あなた自身より、

お金が中心となって
お金に惑わされている状態なのです。



では、

なんとかしてお金を増やしたい!』と
執着してしまう要因とは
いったい何なのでしょう?

1.お金が足りないから ⇒ 執着する。
2.時間が足りないから ⇒ 執着する。
3.自分の知識が足りないから ⇒ 執着する。



1.はもっとも危ないパターンですね。

お金が足りない状態で
お金を増やそうとする
(リスクを取る)ということは、

究極の『賭け』に近づくことに
他なりません。


2.もそうです。

時間がない、
つまり、ある程度年を取ってからの運用は
逆に「慎重」にならないといけないのに、

「今から5年後、65歳になる頃には
これくらいは増えているはずだ。」と、

ついつい
自分に都合のよいストーリーを
作ってしまいがち。


このような『視野狭窄』に陥るのは、
文字通り、
3.の知識・考えが浅いからなのです。


あくび


逆に、

1.手元のお金が十分にあれば、
2.これから先の時間が長ければ、
3.お金の知識を十分積み上げていれば、

お金を増やす(投資)ことに執着せず、
投資と心地よい距離を保ちやすくなります。


結局のところ、
お金を増やす極意とは、

増やすことを『おまけ』と
捉えられるかどうかなのです・・。


収入の『本筋』は?
あくまで(自分自身で)稼ぐこと。

稼ぐとは
日常そのものであり、
ふだん使う「食器」のことです。


お金を増やす行為は
なるだけ日常から遠ざけ、
ふだん意識しないようにするべきでしょう。

日常で使う食器ではなく、

投資とは(いわば)
おしゃれ小鉢』なのです。


その心(こころ)は?

⇒ たまに取り出して見るもの。。

あ




関連記事

| 投資の発想法 | 10:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT