FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託の『運用レポート』、小さい工夫見いつけた! その2)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

はい、昨日の続きでございます。

【運用レポート】は原則、
月に1回発行されますが、

私たち『ファンド保有者』が知りたいことは?

そう、
この「1ヶ月間」の変化ですよね。


その3)

『三井住友・中小型株ファンド』
運用レポート


このファンド・・、
正直地味なのですが、
【運用レポート】には様々な工夫が見られます。

まずは「1ページ」から。

ファンドの価格(基準価格)は?

前月に比べ、
【プラス2211円】になっていますよ(^^;

06.jpg


ファンド価格がこの1ヶ月間で、
上がったにしろ、下がったにしろ、

何が要因でそうなったの?
というのが、
あなたが・知りたい・ことであるはず。



この【運用レポート】では、
ファンド価格の【変動要因】を、

「上位5業種」
「下位5業種」

というふうに、

『業種別』で分けて
こと細かく載せてくれています。

さっき
当該ファンドの価格は
(前月比)プラス2211円になりました、
と言いましたが、

「3ページ」を見ると、


業種


ほら、
ファンド価格に対して、
どの業種がどれだけプラスに、

あるいはマイナスに【寄与】しているかが
一目瞭然です。


次に『銘柄別』でも、

ファンド価格の【変動要因】が
分かるようになっています。

ファンド価格そのものは
(前月比)プラス2211円ですが、

同じく【運用レポート】「3ページ」


個別株


というふうに、

どの【銘柄】が
どれだけプラスに、

あるいはマイナスに「寄与」しているかが
一目瞭然なのです(^^;

まさに「痒い所に手が届く」
運用レポートだと思いませんか?

もし、
あなたが時系列でウォッチしたい
投資信託があれば、

その『運用レポート』(PDF)を
1年、3年、5年と
時系列でパソコンなどに『ストック』し、

ファンドの『長期行動』を
把握することも可能です。



あっ、ついでに
『三井住友・中小型株ファンド』の
上位組み入れ銘柄はこちら。

上位10銘柄

けっこうシブめ会社が多いですね(^^;


投資信託の【運用レポート】って、

もっともっと私たちの
「痒い所に手が届くような」
細かい(かつ親切な)
情報の伝え方ができるはず・・。

運用会社さん、期待していますよ!

あ





関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 10:54 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT