FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資の途上で一度や二度つまずいても、あまり気にしないでください


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

物事ってうまく進むこともあれば、
そうでない場合もあります。

たとえば
運用の最初のさいしょ・・

〇 ネット証券の
特定口座(源泉徴収あり・なし)の選択で
意味が分からなくて
そこでつまずいてしまい、

口座開設を断念した人がいます。


あるいは、

〇 オンライン上で
投資信託の検索の仕方がよく分からず、

(口座は開いたものの)
自分が買いたいファンド名を
探し当てられなかったため、

ファンドのつみたて開始には
至らなかった人もいます。



仮に運用をスタートさせても、
途中で辞めてしまう理由は無数にあります。

(私たちはほんらい、
『続ける理由』より、
『辞める理由』を探すほうが得意なのです)



でも、です。

途中で『つまずいて』しまうのは、
あなたのせいばかりではありません。

そもそも資産運用では
『情報共有』がしにくい現実があります。

誰かに自分の運用について
話を聞いてもらうとか、
ため口を言うとか、
そういうこと自体がなかなか難しく、

運用はけっこう
孤独な作業】になりがちです。


【孤独】であるだけでなく、
運用はその【効き目】が現れるのに
時間がかかるため、

ちょっとした「きっかけ」があれば、

「あーあ、もういいや。」とか、
「別に、今しなくてもいいしな。」と、


自分をあきらめさせるのは
わりとカンタンなのです。

でも、です。

一度や二度の『つまずき』は
そんなに気にしなくてもよいのでは?



10-emag-WP-friendship-iStock.jpg


冒頭、
特定口座(源泉徴収あり・なし)の選択で
意味が分からなく
一度断念した人も、

ほぼ4年のブランクを経て
今では立派に9年近くつみたてを続けています。
(実は当オフィスのお客様なのです・・)


たとえば仮にあなたが、

1.マーケットの急落を受け、
積み立てを止めてしまった。


2.怖くなって個別株の投げ売りを
してしまった。


3.10年前に買った豪ドル預金が
塩漬けのまま。


4.特定の投資信託に確信が持てず、
結局、20本以上ファンドを持つ事態に・・。
(投資を続けるのが億劫に感じている)


5.予定には全然なかったのに、
2017年の急騰で
運用資産の半分くらいを売ってしまった。


でも、でも、

別に(別に)
いいのです・・。



その程度の「つまずき」など、

私たちの生活の中で
あるいは人生の局面で、
たまに起こることだと思いませんか?


投資で【挫折】を経験したことがあっても、
一度や二度、
投資に対する【意欲・気力】を失くしても、

くれぐれも
自分を責め過ぎないようにしてください。



(人生とは不思議なもので)
ふとした「きっかけ」で、

物事に対する【意欲・気力】が
ふっと戻ってきたりします。←ホントです!


現にわたしは仕事柄、
(投資に関してですが)

あっちへちょっと寄り道してたけど、
最近こっちに戻ってきたわよ、
という感じの人を十人以上知っていますよ。


taiiku_sakaagari.jpg

【閑話休題。】


和波さんというブロガーの方が以前、

「諦めの悪い奴が勝つ。それが投資」


という名言を記されていました。

一度や二度、
つまずいても、

最終的に、
「続ける」のレールに
また乗ればよいわけです。



行ったり来たりを
3回くらい繰り返していても、

「あー、またやってみるか。」


と思える、
図太さ、鈍感力が必要でしょう。

(要は「続ける」のレールに乗るまで
諦めないこと!)


お金との付き合いは
死ぬまで続きますから、

人生時間の中で、
すごーく時間がかかったとしても、

【お金の管理】に
それなりに習熟できれば
それでOKなのです。

投資はいつでも
【やり直し】がききます。



後悔も、挫折も、
二度、三度のつまずきも、

物事を成す
プロセスのひとつ』と捉えれば
いつでもやり直せるはずですよ・・。

あ


GWバナー
  4月27日()~5月6日(




関連記事

| 投資家の感情リスク | 18:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT