FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

わたしが開業以来掲げている『理念』、そしてサービスの『考え方』です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

FPオフィスを開業する少し前のことです。
友だちと白木屋(居酒屋)に飲みに行って、

わたしはそこで
「こうこう、こんな仕事を始めるつもりなんだよ。」
と打ち明けました。


すると、
友だちは言いました。

「そんなん無理やろ。」

「えっ?」

「保険商品も金融商品も扱わずに、
相談だけでお金もらえるわけないやん。」


「・・・・・。」

逆説的ですが、
19年前に言われたこの友人の言葉が
自分の中ではずっと『励み』になっています。


冷徹な目で見れば、
しんようFPオフィスがやっていることは、

『保険商品も金融商品も扱わずに、
お金の相談業だけで
ビジネスが成り立つかどうか』という、
実験】のようなものかもしれません。

(その実験ももうすぐ19年を迎えますが(^^;


では、
「どうして金融商品を扱わないのか?」
なのですが、

これは至極シンプルで、
投資信託や保険商品を扱ってしまうと、
純然たる相談業』にはならないためです。


mig.jpg


『お金の相談業』をしているアドバイザーが、
あなたの目の前にいるとしましょう。

アドバイザーが投資信託の販売に関わると、
そこから『手数料収入』が発生します。

たとえば、
「手数料収入が多い投資信託って・・?」


(それだけ)
アドバイザーの実入りが大きくなりますね。


いっぽう、
「手数料収入が多い投資信託」とは、

お客様(あなた)が負担するコストが
大きくなってしまう金融商品のこと。


ココに悩ましさを感じるあなたは、
心身共に健康な人ですよ(笑)


金融サービスの先進国であるアメリカでは、

〇 金融商品を扱い
手数料収入(コミッション)を得るのは、
真のアドバイザーとは言えないのではないか。

手数料収入(コミッション)を取らない
FP、アドバイザーの団体を作ろうぜ!
ということで
ホントにそういう『組織』が存在します。

それが、
NAPFAという団体です。


NAPFA.jpg

(The National Association of
Personal Financial Advisorsの略です)


「NAPFA」に加入するには
順守すべき【規定】があって、
それは、

手数料収入(コミッション)を受け取らず、
お客様からいただく報酬(Fee)のみである
ということ。


これを、
Fee Only(フィー・オンリー)と呼びます。


わたしが考える
『お金の相談業』とは、

〇 お客様の状況を包括的に知り、
〇 お客様の経済的、精神的利益を
『最大化』するために、
具体的なアドバイスサービスを提供すること。


「そのサービスの価値とは?」

ズバリ、
お客様の経済的、精神的利益を
最大化』することにあるわけです。

(アドバイザーの利益を最大化すること
ではありません!)


こんな言い方↑をすると、
「慈善事業的」に聞こえるかもしれませんが、

お客様の利益を
『最大化』することに注力し続け、

その結果
弊サービスの『価値』を
認めていただくことで、

できるだけ長く
ビジネスを継続させ、

結果的に、
アドバイザー自身も
報酬(フィー)を得続けられるわけです。

ここ、伝わっていますか?)


無題


当オフィスは
サービス提供にあたって
明確な『ビジョン』を持っています。

それは、

〇 資産運用が
日常の一コマとなる社会の到来です。


超高齢化が進む中、
私たちは否応なく、

自分のチカラで『稼ぐ』
そしてお金を『増やす』必要に迫られます。

「資産運用」は
そのための手段のひとつに過ぎません。


また、当オフィスは、

〇 消費者の利益を守るために、
「金融商品の購入先」と
「資産運用の相談先」は
分けるべきであると考えます。


『純然たるお金の相談業』を
普及させることではじめて、
生活者の金融リテラシーの向上に
寄与できると考えます。


最後に、

〇 資産運用が
日常の一コマになるって、
いったいどういうことなの?


何気ない日常風景を
思い浮かべてみてください。

あなたの知り合いが

「老後のこと考えたら、なんだか不安。」


と吐露したら、

まるで空気を吸うように、自然に、

「ワタシは投資信託で積み立てしてるよ。」


と言える・・

そんな世の中であることがまさに、
資産運用が日常の一コマとなっている
状態なのです。

その『実現』を一刻も早く目指して、
今後も尽力してまいります。

あ




関連記事

| しんようFPオフィスのコンサルティングが見えてくる? | 18:40 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT