FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2019年に【ザ・パッショナーズ】が世界ツアーを敢行したら・・


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしは30年来のビートルズファン です。
いちばん好きなアルバムは、
1968年に発表された「The Beatles」・・。

最近「親子の会話が減ったなあ」と思う方は、
ご両親にこんな話題を振ってみてください。

「ビートルズって、ホントに日本に来たの?」

本当です(笑)

ビートルズは 1966年6月30日から7月2日にかけて、
日本武道館で公演を行っています。
(それはそれは すごい盛り上がりだったそうです・・)

そのあと 何処に行ったと思いますか?
えっ? ビートルズ です。

フィリピン なのです。

(実は)ビートルズは1966年の8月で
コンサート活動を休止してしまうのですが、
アジアで唯一行った国が 日本 と フィリピン なのです。

1966年当時、フィリピンの「マーケット価値」が
相当高かったことをうかがわせます。
(= 経済レベルも・・)

さて時は移って2018年、
ビートルズの再来といわれる
「ザ・パッショナーズ」というバンドがデビューを果たします。

男性ふたり、女性ふたりのこのロックバンドは
世界中の若者に熱狂的に支持され、
翌2019年【ワールドツアー】に旅立ちます。

およそ半年をかけて、
全世界30カ国を巡るツアーなのですが、
さて、「ザ・パッショナーズ」はどこへ行くのでしょう?

それぞれの国の
【マーケット価値】を考えてくださいよ・・。

2019年時点で、
「ザ・パッショナーズ」を受け入れる消費者が
たくさんいそうな国はどこでしょうか?

アメリカ、西ヨーロッパ
(イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど)
日本、オーストラリア?
もちろん YES でしょう。

でも(もう少し)未来 を概観してください。

わたくし先日お話しましたね。

たくさんの【中進国】の中から、
「先進国」の仲間入りを果たす国が現れるでしょう。

やがて数多の【新興国】が「中進国」となり、
そして「先進国」へと近づいていくのですと・・。

わたしなら、
「ザ・パッショナーズ」を、

チリ、アルゼンチン、ブラジル、
メキシコ、アメリカ(2回公演)、カナダ、

日本、韓国(統一朝鮮?)
中国(2回公演。台湾と一国二制度?)
ヴェトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、
オーストラリア、インド(2回公演)、パキスタン、

イラン、トルコ、カザフスタン、イスラエル、ヨルダン、
サウジアラビア、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ共和国

ヨーロッパ(イギリス、フランス、ドイツ、ポーランド、
チェコ、ハンガリー、ルーマニア、イタリア、スペイン)
そして ロシア に連れていきます。
(スミマセン、30カ国をオーバーしてしまいましたね・・)

【世界に投資する】とは、
例えば 2019年の「ワールドツアー」をイメージしてみる
ということなのです。

「ザ・パッショナーズ」が訪れる国々をすべて、
あなたの運用の設計図(ポートフォリオ)に
入れてしまってもよいのですよ。

また「ザ・パッショナーズ」にとって、
日本は公演を行う ひとつの国 です。

あなたの 資産運用 にとっても、
日本は投資を検討する「ひとつの国」にすぎないのです・・。

日本以外の世界に広く投資すること、

■ とりわけ現在【新興国】と呼ばれる国々に、
  種を蒔いておくことは 重要 です。

(話は少しそれますが)

ひとつの国の【いちば】、
株式市場という【いちば】の価値そのものが、

利益に対して何倍くらい買われているかを示す【物差し】を
PER と云います。

ふつうは「個別株式」に用いられる指標ですが、
【いちば全体】にも使えるのです。

ちょっと下記をクリックしてみてください。
世界の株価指数 PER】(全2ページのPDFファイルです)

ファイルの右端 「予想PER」をご覧ください。
(全部で2ページあります・・)

現在【新興国】と呼ばれる国々の 株価指数 PER は
総じて 低い ですよね・・。

これは 利益 に対して、
株式市場が まだまだ買われていないことを示しています。

なぜでしょうか?

海のものとも山のものとも分からないから、
【いちば】に入ってわざわざ投資する人が
まだ少ないのです。

「過小評価」されている、とも云えます。

もう一度考えてみましょう。

確かに「ザ・パッショナーズ」にとって、
アメリカや西ヨーロッパや日本などの「成熟国」は大切です。

しかし、これから
【世界ツアー】を続けていく彼らにとって、

CDや DVDや 関連グッズの売上げが【伸びていく】
マーケットを開拓することは もっと重要なのです。

はい、
あなたの「ポートフォリオ」も同じなのですよ。

資産運用 とは、
潜在成長力 を【先買い】することですから、

1.利益 に対して、
株式市場がまだまだ買われていない、かつ

2.経済の潜在成長力が高い
 【新興国】に投資することが 重要 なのです。

だからといって
「ベトナムファンドに1,000万!」じゃないですよ(笑)

「ザ・パッショナーズ」と同じように、
世界に広く投資することが大切なのです・・。

(それにしても、
 日経225の「予想PER」は結構高くなっていますね)


■ 関連記事
投資する国の【必要条件】とは?  


       ● マネーの缶詰めスクール
           アドバンスコース
 【最初だけ手間ヒマかける ポートフォリオ創作教室

     3月25日(日)10:00 ~ 17:00 in 東京
     4月22日(日)10:00 ~ 17:00 in 大阪   
    
 ~世界にたったひとつしかない「運用の設計図」作り~



関連記事

| 投資の発想法 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/300-594022a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT