FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人生100年時代を見据えると・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨日のFB(フェイスブック)で
次のような投稿をしました。


昨日のFB


これ、
どうしてだと思われますか?

20代のうちって
月3万円貯金する、
あるいは積み立て投資するより、

自分(自分資産)への投資が
何倍も重要になるとわたしは考えます。


ちょっと考えてみてください。

若い人ほど
金融資産は少ないのが「ふつう」ですね。

金額的にまだまだ少ないところで
貯金や投資信託の積み増しを頑張るより、

資産の潜在価値が高く、
かつ、伸びしろが大きい
「自分資産」に優先して投資を行ったほうが

理に適っていると思いませんか?


A 月2万円を必死でつみたて投資
5年で元本120万円 → 160万円に!

B キャリア関連に自己投資
120万円投資 → 価値あるスキル、資格等を得る

→(たとえば5年~10年かけて)
年収が300万円から400万円に!



投資効率を熟考し、
20代のうちはAではなくBに注力し、
期待収入』を引き上げることが出来れば、

その後、より潤沢な貯蓄、
より潤沢なつみたて投資が可能になりますね。


couple_man_woman.png


正しい「お金のリテラシー」って、
時代に即した「ライフプラン」と
常に対(つい)になっているはず。


・人生100年時代を見据えると・・、

キャリア関連に投資する機会は、
中年になって「もう一度
訪れるかもしれません。

(セカンド・キャリアが珍しくなくなるため)


・人生100年時代を見据えると・・、

30代でローンを組んで
ストック(資産)として居住空間を持つより、

居住空間は
フロー(収支)からの出費、
即ちレンタルと割り切ったほうが
さまざまな変化に対応しやすいかもしれません。


・人生100年時代を見据えると・・、

投資期間、利回り、投資元本のうち、
投資期間
もっとも手に入りやすくなりますから、

「時間」の利益を得やすい
株式インデックスファンドを中心とした
つみたてが有効な戦略となるでしょう。


もちろん、この戦略内では、
税制優遇口座である、
iDeCoやつみたてNISAをうまく使う、

あるいは、
有店舗の金融機関には目もくれず、
ネット証券を使い倒すという発想も
大切になってきます。

leader.jpg

・人生100年時代を見据えると・・

何百万円もかけて誰もが
心身ともに
『健康な』時間を得ようとするのでしょうね。

(美容・健康産業は大きな成長分野なのです)


ただし、
「生きる時間」が長くなると、

予想だにしない変化
遭遇する可能性も増します。

「ブラックスワン」とは
ごく稀にしか起きないが、

(いったん起こると)その影響が
ものすごく大きい出来事を指しますが、

私たちはブラックスワンに遭遇する
可能性も増すわけです。



では、そのような事象に遭遇したら?

合気道の「受け」のように
ひたすら起こる物事に応え、
動いていくしかありません。

(ヒトは環境適応動物ですから・・)


最後に、
・人生100年時代を見据えると・・、

自分が思ってもみなかった、
成長の機会」が訪れるかもしれません。

ホントに100年生きたら、
ヒトはどんな感慨に浸るのでしょうか・・

こればかりは?
100年生きてみないと分からないでしょうね(^^;)



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 < 6月8日()は【スタンダードコース】
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄

スタンダードコースって?

お金を育てる『基本』を学ぶ1日コースの勉強会!
(超ビギナーの人限定!)

1. お金を知ろう(ウォーミングアップ)
2. お金を整えよう(マネー設計)
3. お金を疑おう(マネー心理学)
4. お金を育てよう(資産運用の土台作り)


 6月8日()東京・田町「森永ヴィレッジ貸会議室」
  【スタンダードコース】の詳細はコチラ! 

(資産運用とは
よそ行きの服ではなく、誰にも必要な靴下のことです。)

あ




関連記事

| 人生をプランニングする | 16:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT