FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

30歳のあなたへ。お金が不足するのは当たり前?(悲観は気分。楽観こそ意思なのです)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは(本音を言えば)
もっと「若い人」により「多く」、
コンサルティングサービスを
受けていただきたいと願っています。

なぜなら・・、

今お金がない人のほうが、
(かつ)リタイアまで
たっぷり時間のある人のほうが、

資産運用の『必要性』は高まるためです。



たとえば、まだ若く
貯蓄の習慣も
「できたり・できなかったり」で、

手元に残るお金がまだ少ない人には、
次のことをよく
当面の目標』としてお話しします。

それは、

まずは
あなたの【手取り年収】程度、
手元に【まとまったお金】を貯めましょう、
というもの。



手取りの年収が200万円くらいの人は、
手元に200万円。

手取りの年収が350万円くらいの人は、
手元に350万円程度、

まとまったお金を積み上げることを
『骨太目標』とするのです。

「カンさん、あなた簡単に言いますけどね・・」


はい、分かっていますよ・・、
これってそれなりに
高いハードル』です。


手取り年収240万円の人は
月の手取りが20万円ですから、
そこから1万、2万円と手元に残す・・。

この1万、2万円という数字と、
「240」の間には

とてつもなく大きな溝が
横たわっているように思えます。

でも、
この溝を埋めない限り、
『最初のハードル』は越えられないわけです。


Divided.jpg


あなたのマラソンは、
走り始める瞬間が
もっともゴールまで遠いです。

走り始めて
(たとえスピードは遅くても)
それを継続していけば、

ゴールまでの距離は
必ず・短くなっていきます。

お金を貯めることもそれと同じです。



(なお、貯めていくことの本質は
実は「複数の道」があり、

支出の見直しもそうですし、
キャリアアップもそうですし、
もし望むのであれば
少額から始めるつみたて投資もそうです)


ところで・・
この国では
世代間格差の大きさ』が
尋常でないほど大きくなっています。

あなたも
巷で話題になっている
金融庁の報告書
(2000万円の不足問題のこと)を
聞いたことがあるでしょう。

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書
高齢社会における資産形成・管理」(PDFファイル)



あの報告書は、

「足りないお金」があることを
「足りない額」も含めて
正直に言っただけです。


まだ若いあなたに言わせれば、
「老後に2000万円不足なんて甘いよ!
こっちはもっと絶望しているんだぜ!」


というお気持ちが
心の中で渦巻いているかもしれません・・。


親子


はっきり申し上げて、
今30歳の人と
今70歳の人は、

住んでいる場所は(日本で)同じですが、
人生においては
まったく違う景色』を見ています。


思いつくまま列挙してみましょう。

・終身雇用と定期昇給があった世代
・健全なインフレが進行した世代
・預貯金にしっかり金利が付いた世代
(=なので資産運用など必要なかった)

・自分が住む国の経済成長を実感できた世代
・自分たちの生き方が
最も新しいカルチャーとして脚光を浴びた世代

・国からの福利厚生、会社からの福利厚生に
おおむね恵まれた世代



そして、あなたは?

あなたは上記とは
正反対に近い世代なのかもしれません。


gctv-mistakes.jpg


ちょっと考えただけで
「悲観」という空気が充満しそうですが、

視点を変えて、
あえて冷めた見方をしてみましょう。

200年超の時間軸で見てみても、

今の60代、70代の方々は、
社会、経済的に見て
例外的に・とても恵まれた世代】だったのです。


例外的に、です。


少し「生きる」という状況を
振り返ってみましょう。

そもそも「すべて満ち足りて
足りないところなんてほとんどないよ。」
なんていう環境は、稀有 なのです。

ヒトの歴史そのものがそうでしょう。


古くは食料の不足、
(戦争などで)安定の不足、

(議会制民主主義が確立するまでは)
信頼の不足、平等の不足・・。


住居の不足、
水の不足、
余暇の不足、
福祉の不足、
不足、不足だらけだったわけです。


『お金の不足』も、
別に目新しいことではありません。


昔から存在していて、
これから先も有り続けること。

ちなみに「不足」とは
創造の「母」でもありますよ。



これから迎える
超少子超高齢化の状況下で、

金銭的に
すべての国民に対して
辻褄を合わせるというのは、
ほとんど「無理」であります。

(現状、
「ホントは無理なこと」を
無理と言うのを
政治的に避けているだけなのです・・)


163861447.jpg


あなたやわたしが
悲観に暮れるのはカンタンですが、

それだと世の中の「空気」
流されているだけですよね?

月並みな言い方ですが、
自分の生き様の【流れ】は、
自分で作っていくしかありません。



そもそもその本質のところから、
人生であらかじめ決まっていることなんて、
ごくわずかなのです。


悲観は気分。
楽観することは → あなたの意思ですよ。



まさに『意思』を伴うことですから、

お金が足りない?

じゃあ、
どうすれば、
少しでも足りるようになる可能性がある?
と考えてみることができるかどうか。



先ほど、
最初の目標として、

『自分の手取り年収と同じくらいの
まとまったお金を持つ』
を挙げました。

その方法論として、

「自分資産の価値を高め、
期待収入を上げる」

「生活費の節約、支出の見直しに努める」
が語られますが、

こと、「お金を育てる行為(資産運用)」になると、
多くの若者には
ハードルが高い行為に映るようです。


いわく、
〇知識がない、
〇まとまったお金がない、

〇 どんなふうに株や投資信託を
買っていけばよいか分からないなど。


8d8e8a2fbeb9482b9c9ce1f83f689b5521499239_03_2_9_2.jpg


でも本当は、

毎月、
500円でも1000円でも、
(ポイント投資でもいいですから、)

取りあえず
グローバルに分散されたインデックス・ファンドを
積み立てていくという【方法】が
この日本には存在します。

これはどこに住んでいようが、
職業や年齢などにも関係なく
誰もがトライできることなのです。



悲しいかな、
わたしなどは上記の方法を
ずっと主張し続けているのですが、

現実、
ほぼ・まだ・伝わっていない状況なのです。

「カンさん。さすがに悲観してしまいますか?」


いえいえ。

『これからたくさんの人に
上記を伝えていけるんだ!』という 楽観 を持って
(今日は早く寝て)
明日また頑張りますよ。。

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 18:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT