FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第3回『お客様からの質問コーナー』(お金ってなんでしょうか?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスのお客様から頂戴した
さまざまな『ご質問』に回答していく、
『お客様からの質問コーナー!』

第3回!
轟 良美 さま(仮名)60代 兵庫県



お金ってなんでしょう???


おっ、いきなり来ましたね(笑)
これって難しい・・。

お金って捉えどころがないもの。
(そもそも)その重さが、量りにくいものです。

「お金ってこうだ!」と合点がいったと思ったら、
翌月には
真逆のことをしている自分がいたりします(^^;


でも(もしかすると)お金には、
「タイミング」のようなものはあるのでは?


仮に、です、
1年後に死んでしまうとしたら・・

今、5000万円の借金があっても、
手元に6億円のお金があっても、

気持ち的には
そんなに変わらない」と思うのです。

だって、12ヶ月後には
自分の命がなくなってしまっているわけですから。


自分がお金を使いたいときに、
手元にお金があるかどうか。


これ、大事。。

みんなBの心配はしていて、
一所懸命「資産運用」に励んでいますが、、

A についてはどうでしょう?
(真剣に考えていますか?)



TSU882_orenonatugakita--thumb-1000xauto-18452_20160622161051993.jpg


★ お金はそもそも『用立てる』ために
存在するわけです。

「カンさん、今よりうんと年を取ったときに
お金を使う必要が出てくると思うので、
取りあえず、お金は貯めていこうと思います。」


ハイ、この日本語
ぜんぜんおかしくありません。
(まっとうです。)


ただ、どうなのでしょう・・、

うんと年を取るまでの間の
「今から5年後」
「今から10年後」などの、

自分がお金を使いたいコトが、
ちょっと置き去りにされているような・・。


(最近「人生100年時代」が
さかんに言われるようになって、

ますます「お金を使う用事」が、
あとにあとに、
うしろ倒しにされてしまっている気がします)

くり返しになりますが、
お金には「タイミング」があります。


今、34歳であるあなたが、
このコトに
あなた自身のお金を使うことで、
得られる効用がとっても大きくなる・・、

その可能性があるなら、

まさに今、
お金を使う勇気を持つことも
(また)大切なことだと思います。



xmoney-1078267_jpg_pagespeed_ic_taWO6p9GTQ.jpg


この仕事をしていて思うのですが、
お金を「使う」ことは
(意味ある)「貯める」へつながり得ます。

(意味ある)「貯める」は、
もっと将来の(意味ある)「使う」へとつながるはず。



よく、
「使う」と「貯める」の割合決定について
聞かれますが、

両者は決して「対立事項」でなく、
相互に「影響」を与え合っている存在なのです。

40代くらいまでに
(意味ある)「使う」を経験した人は、

何のために貯めるか
(何のために育てるか)ということも、
わりと冷めた目で見ることが出来るようになります。


自分が主導権を持つ、
意味ある「使う」に慣れていないと、

貯める、増やすという行為が、
ただ漫然として、

とくに目標額も目的もなく、
不安だから、という理由で
いつまでも続くことになります。


(※ その結果、
貯める、増やすことには長けていても、
使うが不得手なパターンとなる・・)


あっ、わたしは決して
「享楽的」になってお金を使いましょう!
と言っているわけではありませんよ。

自分を高める「使う」については、
ちゃんと見極める必要があります。

でも、総じて日本人は
あまりにも老後を心配しすぎて、
「今」を犠牲にしてしまっているのでは?


と思うことがあるのです。


conversation_trimmed.jpg


先ほどの、
「使う」と「貯める」の割合決定については、

現役時代を通して
「ずっと同じでないと!」と、
無理に思い過ぎないこと。

たとえば、

  「使う」 「貯める」

20代 9  :  1 

30代 8  :  2

40代 8.5  :  1.5

50代 7  :  3



のように、
年代別で『割合』に変化があってもよいわけです。
(貯めるの一定割合を、増やす(投資)に回すイメージですね)


轟さん、わたしなりの定義です。

お金とは、
賞味期限がある
使うための道具です。


(投資とは、将来お金を使うために、
その価値を維持、増加させるための行いに過ぎません。)

轟さん、ご質問ありがとうございました!

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 15:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT