FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

東京ディズニーシーとセゾン投信は商売敵です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

結局のところ?

お金のプランニングで最も難しいのは
「今使うお金」と「将来使うお金」の線引きでしょう。

ふだん私たちは
貯蓄、貯蓄と言っていますが、

これって
将来必要になる費用を想って
「消費の繰り延べ」をしているに過ぎません。

昔のひとは人生の長さが短く、
かつ、働き続けたあとの
余生がうんと短かったので、

上記の線引きについては
そんなに考える必要がなかったのです。


ところが、人生が長くなると、
「将来使うお金」について
その時間軸を、
恐ろしく長く持たないといけません。

ですよね?)


また、これは
あなたが日々の生活の中で
ひしひしと感じていることかもしれませんが、

人生が長くなると、
サービス提供側も
熾烈な争いを繰り広げます。

いわく・・、
東京ディズニーシーさん)

「えー、お金は今使いましょうね」と
連呼しています。


いっぽう、セゾン投信さん)

「将来に備えて今は使わず、
投資信託で資産を増やしましょう」と訴えます。


真逆です(笑)

まあ、これから先
人生がより長くなることを考えると、

レジャーという消費より、
金融商品への消費が増えるのは趨勢なのでしょう。


0c8a6b6127614a86969741e2fd5d7792.png


ただ、あなたはこう思われるかもしれません。

仕事に忙殺され、
ストレスで心身ともに疲れてくると、

視野がだんだん狭くなり、
現在だけを見て生活するようになり、

「将来(あとで)使う」なんて
そんなこと考える余裕ないよ、と。

お気持ちはよーく分かります。


先ほどわたしは貯蓄のことを、

将来必要になる費用を想って
消費の繰り延べをすること。
と言いましたが、

実は投資もその延長にある
一行為に過ぎません。


実際に消費をするまでに
膨大な時間が横たわっているので、

もしよかったら、
「その時間を生かして」

お金の価値をちょっとずつ高める行為は
いかがですか?
ということなのです。


もうお分かりですね。

人生が長くなればなるほど、
より長期の投資になるというのは
しごく当然のことなのです。


投資という行いで求められる
『資質』は、

遠い未来で
(楽しく)お金を使うあなたを、
具体的に想像するチカラなのだとわたしは思います。

あ



関連記事

| 投資の発想法 | 19:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT