FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

太平洋ひとりぼっちと思っていたら、透明なキャップを被った仲間がいたよという話


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日のインデックス投資ナイトにて、
4人の若手ブロガーさんに
こんな質問をしてみました。

(注: 楽屋でのお話です)

「職場の同僚や、友人同士で、
投資の話になるようなことってありますか?」


すると、
全員が「NO」というご回答。

嗚呼・・。



わたしは
若手ブロガーさん達とは
ちょうどひと回り年齢が違うので

「もしや・・」という
期待があったのですが・・。

やっぱり、
投資に関することは、
もっとも避けるべき話題のひとつなのですね。

この雰囲気というか、空気感が
日本の現状なのかもしれません。


shinpai_man.png


ところで
仮にあなたが、
企業型の確定拠出年金』の
対象者だったとしましょう。

あの、企業型DCで
資産額の「6割程度」が
預金と保険商品に滞留している・・


とよく言われます。
(実際、そうです)


あなたはこの「6割」という数字を聞いて
どう思われますか?

「やっぱ、投資に対するアレルギーって
相当つよいよな。」と思われますか?
(ネガティブに・・)


わたしは逆です。

えっ、「4割」も
投資信託にお金を振り向けているんだ。
」と、
ポジティブに驚きます。



だって、企業型DCって
そもそも自分で望んで入るものではないですよね?

会社の制度として
(いやいや)導入が決まって、

「はい、7月25日までに
この商品ラインナップの中から選んで
パーセント(%)で指定して提出するように!」

なんて言われて、
もう有無を言わさず
やらされる制度のことでしょう?

それで、
およそ「4割」も
投資信託の割合が在るって?



どういうこと?

<そこそこ、投資をしている人が存在するってことです。>


先ほど、「職場の中で、
投資の話になるようなことって基本ない。」
というお話をしました。

あなたと同じ部署の川上くんも、
沢田さんも、橋本さんも、

なんか投資をしているようには
見えないんだけれど・・。

(そもそも、そのたぐいの話なんてしないし。)

でも、実のところ
慎重派の川上くんが
(たとえば企業型DCで)
投資信託を買っていたりする・・。


gutspose_man.png


そう・・、

意外なところで、
意外な人が
意外に投資をコツコツやっている・・。


こんな状況になりつつあるのが
日本の現実なのです。


投資に関する話はお互いに
(カルチャーとして)
改まってすることがないので、

投資をしている人同士が 
『可視化』されていないだけなのです。


ココ、伝わっていますか?)


あなたは、
「太平洋、ひとりぼっち」のごとく、
たったひとりで泳いでいる(投資をしている)
感覚かもしれませんが、

実は大海の中で、
透明なキャップを被った
何人かの仲間が、
(それもあなたの身近にいる人が!)

あなたと・同じように・ゆっくり・泳いでいます。


あなたは決して独りではないのですよ。


ちなみに、
iDeCoのほうですが、

個人型確定拠出年金の制度の概況
(平成30年3月末現在)によると、


加入者


『運用商品の資産構成比』として、
投資信託の割合は48.1%、

預金、保険商品は51.8%となっており、
29年度末(平成30年3月末)時点)

投資信託の割合が
半分」を超えるのは時間の問題と思われます。


〇 8月31日()in 東京
〇 9月29日()in 札幌 ← はじめて!

465-125.jpg

セミナーの詳細&お申し込みコチラからどうぞ。





関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 12:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT