FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第7回『お客様からの質問コーナー』(日本脱出?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

当オフィスのお客様から頂戴した
さまざまな『ご質問』に回答していく、
お客様からの質問コーナー!

第7回!
城 匡夫さま(仮名)40代 千葉県



【質問!】

「日本の10年後、20年後の雇用、経済、
社会保障に関する未来はどうなると思いますか?

つみたて投資を継続しながらも、
真剣に日本脱出を考えています。」



城さん、ご質問ありがとうございます。

おそらく多くの人が

「この先、日本の経済成長って
あまり望めないのではないか・・」
と感じているのでは?


人口減少、超高齢化、社会保障費の圧迫など
ファンダメンタルズから見た場合、
上記は的を得ている可能性が高いです。


ただし城さん、
それは「日本がエキセントリックな経済状況に陥る
という意味ではありません。

私たちは
さまざまな悪条件を寄せ集めてしまうと、
どうしても「ゼロ」か「100」かという
極端な予想、判断をしてしまいがちです。


たとえば城さんは、
世界の『GDPランキング』で
(日本は現在第3位ですが)

今後、第40位、50位と順位が下がり続け、
どんどん貧しくなっていくと思いますか?

これって極端ですよね・・。


ZOM83_machinakazombie20140503_TP_V.jpg


他の成長著しい国々と比べて、
相対的に見て
日本は緩やかに衰退していくだけで、

たとえ名目上の成長がゼロになっても、
前年度の「ボリューム」は維持されるわけです。

わたしは日本は
「人口が多めのイタリア」のような国になると思います。



GDPランキングでは
長い目で見て
10位~20位くらいになるかもしれません。

が、世界に誇れる技術、文化があって、
観光などで外貨を稼げて、

ある程度安全で、食が美味しくて
自分たちの国に誇りを持てている。

それでも十分ではないでしょうか?)


別にアメリカとか中国に対抗しようとする、
「総合商社」でなくてよいわけです。

たとえばイタリアって、
「どこかの国に負けてたまるか!」って
あくせくしていないですよね?


なにかひとつに秀でた、独自性のある
「ブティック型の国」でもよいわけです。


また城さんは、
雇用についても心配されていますが、

「労働生産人口」が激減するので、
「人手不足」がふつうになり、
特に若年層の人たちは貴重な働き手として
大切にされる可能性が大です。


anxious-man-biting-nails-worried.jpg


ところで、です。

こと資産運用という観点で見ますと、

名目上の成長がゼロになって
前年度の「ボリューム」が維持されるだけでは、
困るわけです。



インデックス投資って、
名目上の成長がプラスで推移し、

株式市場の上昇を通じて
ひとつひとつの国から
プラスのリターンの「おすそ分け」を
いただくという戦略ですから・・。



そういう意味では、
日本株式、先進国株式、
それぞれに〇〇パーセントという投資のしかたより、

「全世界株式インデックスファンド」のように
日本株式を含みながら、

しかしその組み入れ割合は、
他の国々(市場)との相対で変化する・・
という形のほうがベターだと思います。


最後に、ちょっと個人的な想像を。

以前、こちらの記事にも書きましたが、

『未来とは、
現在の単純な延長ではありません。』


予測しきれない部分にこそ可能性があり、
そこが「思いがけないリターンの源泉」にもなります。

世界でもっとも早く
高齢者が主人公の社会が到来する日本は、
(それ自体)ネガティブ要素で語られがちですが、

これが、
日本のアドバンテージになる可能性があります。


生物学的に見て
お金をあまり使わなくなる高齢者が

〇 意外なところで
〇 意外にお金を使いだすと、
〇 面白い現象(=新たな文化)が
出現するかもしれないためです。

たとえば、
70歳の人たちが
毎月5万円払ってでも楽しみたい!

と思える産業(エンターテインメント)が
出現したら?


高度なVR(仮想現実)ゲームが普及し、
70歳の人たちが、
いつでも22歳に戻れるとしましょう



image0212.jpg


22歳に戻ったわたくしカン(70歳)が
冒険ゲームや
恋愛シミュレーションゲームに夢中になって、
毎月5万円使ってしまう可能性は十分あります(^^;


経済とは生き物ですから、
社会のあり様によって
もっとも大きな産業も
大胆に変化していくのです。

城さん、あまり悲観し過ぎると、
冷めた視点を見失うことになってしまいますよ。

このたびはご質問、ありがとうございました!

あ




関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 18:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT