FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金にまつわる5つのタイプ、あなたはどれ?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

親しい友だち同士でも、
手取りの収入とか、
どの金融商品にいくら投資しているとか、
そんな話にはなかなかならないと思います。

あなたとお金の関係って、
小さなドームのように閉じられていて
周りからは見えにくいのがフツーなのです。

たとえば、
友人の吉田さんはあなたについて、

「お金に関しては絶対○○なタイプ!」と
思い込んでいるかもしれません。

実際、あなたは
「△△なタイプ」であるにもかかわらず・・。


心理セラピストのオリビア・メラン氏は、
『お金の付き合い方』において
人は5つのタイプに分かれるとしています。

(以下、ざっくりしたタイプ分けです。
かつ、少々「おおげさ」なカテゴリ分けになっています(^^)


1.貯め込み型


基本は心配性。買いたいものを我慢して、
お金を貯めることに執着するタイプ。

多くのお金を手元に置くべく、
極限まで切り詰めるケースも。

ほんとうはこのタイプの人は
「つみたて投資」にうってつけでしょう。

とくに所得控除によって
節税効果が持続するiDeCoに向いていると思います。

(もちろん)あまりお金を貯め込み過ぎると、
それ(お金)を使う「時間」が
なくなる恐れがありますが・・。



2.浪費型


1.と対極ですね。

「何とかなるさ・・」 で
その日暮らし的にお金を費やしてしまうタイプ。

自分、家族、友人のためにも
気前よくお金を使う。

この、
気前よくお金を使う」ことを通じて、
自分を大きく見せたいという心持ちが
(どこかに)あるのでは?


ほんとうはシャイなタイプの人が多いと思うのです。


換言すると、
お金をどう扱ってよいか分からず、
手元にお金があることに不安を覚えるため、
安易に使ってしまうわけで・・。

こういう場合、
つみたて定期」を設定してしまって、
手元に入ってくるお金を減らす工夫が必要でしょう。


3.清貧型


「お金とは、汚いもの。」

高い倫理を持ち、道徳観念が強く、
お金から極力距離を置こうとするタイプ。

お金を儲けること自体に、
何かしら嫌悪感を抱いている。

しかし、実はこのような人ほど、
投資話」にだまされやすかったりします(-_-;)

お金が増える、お金が減るを、
科学的な現象として捉えることが出来れば、
もしかすると投資を肯定的に捉えられるかもしれません。


無題


4.逃避型


「ワタシ、お金のことわかんないから!」

お金のことは不得手。
「数字」に対してアレルギーがある。

家計のことは放ったらかしタイプで、
自ら判断することを避けている。

分からないから」こそ、
最初につみたて投資の仕組みさえ作ってしまえば、
意外に?長く続けられるタイプの人なのです。



5.お金指向型


「あのさ、世の中(結局)お金なわけよ。」

お金のために働き、
お金を増やすことに熱中し、
投資についていろいろ知っている自分に満足する。

ひと言でいうと?
お金との距離が近すぎるタイプでしょう。

わたしは個人的にこういう人と
友だちにはなりたくありません。
(お金が趣味化しているってヘンですよね?)


9547.png


わたし自身、
高校生までは「貯め込み型」でした。
(郵便貯金大好き!)

そして20代は典型的な「浪費型」に。

30代になって『投資』を知って、
お金を見る目が少し変わりました。

なんと言いますか、
お金は「完成形」ではなくて、
ひとつの「素材」なんだなあと・・。


これを用いて何をするか、
あるいはどう使うかに、
あなたやわたしの「力量」が問われるわけです。

残念ながら51歳になった今も、
確固とした答えはまだ出ていませんが・・(-_-;)

あ




関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 16:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT