FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第9回『お客様からの質問コーナー』(よりコストが安いインデックス・ファンドに乗り換えるべきですか?)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

この、
「よりコストが安いインデックス・ファンドに
乗り換えるべきですか?」というご質問は、

当オフィスの『質問の多さ・ベスト3』に
間違いなく入ってくるでしょう(^^)

・・とても悩ましい問題ですね。

(実は)今回も、
複数のお客様からこのご質問をいただいたのです。
(誠にありがとうございます!)


※ ここでは『先進国株式インデックス・ファンド』を
例に挙げてみましょう。

Aファンド 運用管理費用 0.6%
Bファンド 運用管理費用 0.1% とします。


あなたは「つみたて投資」を実践しており、
これまでずっと「Aファンド」を
積み立ててきました。

この場合、
来月からの
月々のつみたて先を、
「Bファンド」に換えることにわたしは賛成です。


(ココは、シンプルですね)


無題


ただ、難しいのは、
これまで「積み上げてきた」ストック部分のお話。


あなたが長年、
Aファンド(運用管理費用 0.6%)で
運用を続けてきて、

今、運用資産額が
1,000万円にまで膨らんでいるとしましょう。

年間で支払う運用管理費用は?
およそ6万円です(簡易平均しています)


(※ あっ、ここでは、
運用管理費用以外のけいぞくコストは
考慮しません。

また、信託財産留保額についても
かからないものとします。)


仮の話なのですが、
もしもあなたが

Bファンド(運用管理費用 0.1%)で
ずっと運用を続けてきて、
運用資産が1,000万円になっているとすると、

年間で支払う運用管理費用は
およそ1万円で済みます(簡易平均しています)


joy.jpg


そう、
『1,000万円ベース』で見た場合、

Aファンド、Bファンド
両者の「けいぞくコストの違い」は、
年間およそ5万円になるわけです(簡易平均です)

仮にこれから先、
10年間、
このコストの違いが続くと・・計50万円に。

20年続くと、100万円の違いになります。


となると・・。
どんな気持ちになりますか?

1,000万円まで積み上がったAファンドを
すべて売って、

Bファンドにすべて
乗り換えたほうがよいのでは?
という気持ちになってきます。


ハイ、考え方は正しいです。


無題


でもその前に、
果たして「Aファンド」にいくらぐらい
利益が乗っているのか、
チェックする必要があります。


以下、一例ですが・・。
Aファンドの運用資産額1,000万円のうち、

650万円が元本で
350万円が【利益】だとすると、

Aファンドを今すべて売ると、
350万円に対して 20.315%が課税されます。

税金額は・・? 約71.1万円。)


もしも、Bファンドにすべて乗り換えて、
向こう20年は
(Bファンドで)運用を続けられるなら、


今の例で言いますと、

〇 「支払う税金額」(約71.1万円)よりも、

〇 向こう20年間の
「けいぞくコスト差」(約100万円)のほうが
大きくなります。


この場合は(ストックベースでも)
乗り換えたほうがよいでしょう・・。

付言すれば、

たとえ乗り換えを行っても
「同じ投資対象」で
「同じリスク量」を負うことに
変わりはありませんから、

乗り換えは「一度」に行って構いません。


dont-have-to-worry-about-money-anymore-sm.jpg


確認の手順としては以下の通り。

1.よりコストが安いインデックス・ファンド、
つまりBファンドに乗り換えたとして、
これから先「何年くらい」運用を続けるのか?

2.自身の運用資産額(ストックベース)から、
Bファンドに乗り換えた場合の
「けいぞくコストの違い」を算出(運用可能年数分)

3.すでに積み上がったインデックス・ファンド、
つまりAファンドの、
現時点での利益と「税金額」を算出。

4.2.と 3.の数字を比較する。



総じてまだ若い人は、
保有するファンドの「利益」もさほど大きくなく、
これから先の「運用期間」も長いため、

すべてを乗り換えるという方向性で
問題はないはずです。


最後に、具体的な「Bファンド」ですが、

基本ニッセイアセットマネジメントの
購入・換金手数料なしシリーズ、
三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim シリーズの
二択で考えればよいでしょう。

第8回『お客様からの質問コーナー』(取り崩し時に暴落が来たらどうする?)
第7回『お客様からの質問コーナー』(日本脱出?)
第6回『お客様からの質問コーナー』(リタイア後の安全資産とリスク資産の比率を決める、客観的な基準はありますか?)


あ




関連記事

| インデックス投資全般 | 14:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT