FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金融庁さ~ん、つみたてNISAはまだ始まったばかりですよ!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

本日はこちらの記事から。

つみたてNISAの「三方よし」、信託報酬は制度スタート20カ月で大幅に低下
(つみたてNISA総合ガイド(モーニングスター)より。)

つみたてNISAコラム


上記記事の冒頭に、

・つみたてNISAの口座数が127万口座を突破。
・20代~40代の利用が3分の2を占める。


という記述があります。

これまでのところ、
「資産形成層」への働きかけは
うまく行っているといえるのでは?


また、副次的な効果として、
投資信託のけいぞくコスト(運用管理費用)が
どんどん下がっています。

・先進国株式インデックス
・米国株式インデックス(S&P500)などで

運用管理費用が
0.1%を切る水準までなってきたのは、
まさに『つみたてNISA効果』!


が、しかし・・。

anxious-man-biting-nails-worried.jpg


つみたてNISAが始まってから、
まだ20ヶ月しか経っていないのに、

管轄元の金融庁さんの「やる気」は、
まるで北風に煽られた凧のように
ふらふらと急降下しているように
(わたしには)見えます。


たとえば、
金融庁と個人投資家の意見交換会
『つみップ』です。

金融庁のサイトを見ると、
次のような記述が・・。


現在、開催を検討

残念・・・(><)


霞が関で
『検討』という言葉が意味するものは?


(私見ですが・・)

〇 いちおうリストには載せておくけれど、
すぐにやろうという意欲は全然ないよ。

と同義だと思われます。

どうしてこんなことになったのでしょう?


直接的には
「老後資金2000万円不足問題」で、
金融庁内の守旧派が
巻き返しを図った結果だと思われます。

どこの省庁にも派閥はあって、
いったん政治の渦に巻き込まれると

(たとえば人事異動などを通じて)
勢力図が一変したりします。


が、それもずっと「固定」ではないはず。

金融庁は(他の省庁と比べると)
若手の人が数多くおられます。


20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


国の未来を想って
「グランドデザイン」を描き、
それを実行していくのが官僚の仕事だとすれば、

まさに「つみたてNISA」の普及に向けて
これまで金融庁が行ってきたことは
『未来を見つめた仕事』であったはず・・。



前掲の『つみップ』など、

一消費者に寄り添う姿勢を
官庁が示された画期的な例ですから、

ぜひとも、続けていただきたいと思います。

(もちろん、
「つみたてNISAフェスティバル2020」も!)


また金融庁のサイトを覗いてみると・・
ああ、良かった、

教えて虫とり先生」のページも、
本音が飛び出す! つみたてNISA座談会」のページも、
ちゃんとあります!

(でも座談会のほうは
「第1回目」以降更新はありませんが・・)

text_animals_ogenki.png

(そもそも)つみたてNISAを、

【少額からの
長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度】と謳ったのは?


金融庁さん自身ですよね。

【長期で、長期で】と
資産形成の姿勢を
強調されてきた本家本元が、

つみたてNISA普及の施策を
短期で、断念してもらっては困ります。

ここはぜひ、
発憤興起していただきたいものです!

あ




関連記事

| つみたてNISA | 14:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT