FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MSCI エマージングマーケット・インデックスファンド の【正体】とは?


こんにちは、カン・チュンド です。

わたしはごく稀に、
「衝動買い」をしてしまうことがあります。

もう2年以上前になりますが、
日経新聞日曜版の書評欄で、

  経済統計で見る
世界経済2000年史
(アンガス・マディソン著 金森 久雄監訳 政治経済研究所訳)
 
という本を発見し、
「買っとけ、買っとけ」との内なる声に
あっさり負けてしまったのです(笑)
(税込価格13,650円 ニモカカワラズ・・)

この本は、紀元1年から2000年までの
世界の人口、実質GDPを通観できるようにした
貴重な 経済統計書 です。

さて、同書の150ページに、年代別の
【世界の実質GDP総額の地域別シェア】
が載っています。

(以下、同書からの引用です・・)

1000年            (%)            

西ヨーロッパ         8.7
ウェスタン・オフシューツ  0.7
日本               2.7
アジア(日本を除く)     67.6
ラテンアメリカ         3.9
東ヨーロッパと旧ソ連    4.6
アフリカ            11.8

世界             100.0

注)ウェスタン・オフシューツ とは、
アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドを指す。

1500年             (%)

西ヨーロッパ         17.9
ウェスタン・オフシューツ  0.5
日本               3.1
アジア(日本を除く)     62.1
ラテンアメリカ         2.9
東ヨーロッパと旧ソ連    5.9
アフリカ             7.4

世界             100.0

1998年             (%)

西ヨーロッパ          20.6
ウェスタン・オフシューツ   25.1
日本               7.7
アジア(日本を除く)     29.5
ラテンアメリカ         8.7
東ヨーロッパと旧ソ連    5.3
アフリカ             3.1

世界             100.0

(以上、引用終わり・・)

んー、数字というのは正直ですね。
1000年という時の【変化】を
如実に示しています。

上記 表 をご覧いただくと、
例えば最近の、中国・インド などの「勃興」は、
(実は 勃興 ではなく)

■ 500年、1000年ぶりの
【復活】の兆しであることが、
お分かりいただけると思います。

私たちの短い「時間軸」では、
先進国 といえば、
北米、西欧州、日本、オセアニアなどの地域に
限定されてしまいますが、

イスラム諸国を含めたアジアも、
500年、1000年前には、
立派な【先進国群】であったわけです。

(世界の4大文明は何処で生まれたのでしょうか?)

もしあなたが、
楽天証券 で MSCI Emerging Markets Index Fund という
ETF を購入しようとするなら、

それはあなたが、
「将来、世界経済の【潮流】が変わりますよ」
と予測していることになります。

先進国 と 中進国、
中進国 と 新興国、
新興国 と 先進国 が
将来入れ替わると思います、

と【意思表示】していることになるのです。
(ただし、「時間のスパン」は長~く持ちながら・・)

MSCI Emerging Markets Index Fund という
道具の「便利なところ」は、

現在の 世界 を、
それも先進国以外の 世界 を、

■ 広くかつ網羅的に、
【保有】してしまうところにあります。
(まさしくローコストで、新興国・包括投資 ができるのです・・)

当ETF の大元である、
MSCI Emerging Markets Index という「指数」は、

「指数」に採用されている国々の
株式時価総額の85%を網羅することを目指しています。

(ただし、外国人がアクセスできる範囲で、
かつ流動性がある株式、という制限はつきますが・・)


このETF が【網羅】する国・地域は、

(具体的には、
MSCI Emerging Markets Index という「指数」に
採用されている国々になりますが)

実は【固定】ではありません・・。

なぜなら、
株式市場という【いちば】は 常に変化していますから。

私見ですが、
ヴェトナム、スロバキア、
ルーマニア、アラブ首長国連邦 などは、
そう遠くない将来、
「指数」に採用されるのではないでしょうか・・。

逆に、台湾、韓国などは早晩、
「指数」から 卒業 していくと思われます。

つまり、ここ重要なのですが、

■ このETF が網羅する【いちば】は、
  その中身を変え、変化していく。

ということです。

もうお分かりですね・・。

■ さまざまな「国」の、
さまざまな「いちば」が、
大きくなったり、停滞したり、また復興したり、
という時代の【変化】に、

【保有】し続けるだけで 対応 できるのが、
インデックス運用 <最大の利点> なのです・・。

さて、
MSCI Emerging Markets Index Fund は、
2003年4月7日に運用を開始しました。

当時の1口当たりの価格は 33.33 USドル でした。

07年4月5日現在、
1口当たりの価格は 120.30 USドル となっています。

(実は)当ETF が【網羅】する国々の、
「構成割合」も 固定 ではありません。

なぜなら、
MSCI Emerging Markets Index という
「指数」そのものが、
国別時価総額をもとに 四半期に一度、
「構成割合」の見直しを行っているからです。

余談ですが、
■ ひとつのファンドを深く知るには、
「運用レポート」を定期的にストックする
 という方法があります。

MSCI Emerging Markets Index Fund の
運用レポート」(pdfファイル。i Shares サイトより)
 
今、わたしの手元には、
05年3月31日の「運用レポート」があります。

韓国          17.91%
南アフリカ共和国  12.84%
台湾          10.05%
ブラジル         9.76%
中国           8.02%
メキシコ         7.15%
インド          5.39%
イスラエル       4.68%
ロシア          3.78%
タイ           3.73%
インドネシア      2.85%
ハンガリー       2.82%
チェコ          2.66%
チリ           2.37%
フィリピン        1.66% etc・・            

これが
06年12月31日現在の
国別「構成割合」になると・・

韓国          15.18%
中国          11.83%
台湾          10.75%
ブラジル        10.13%
南アフリカ共和国   10.07%
ロシア          9.39%
メキシコ         7.20%
インド          6.14%
イスラエル       3.33%
インドネシア      2.41%
タイ           2.07%
チリ           1.96%
ハンガリー       1.96%
チェコ          1.92%
フィリピン        1.46% etc・・

中国、ロシアなどの割合が
大きく伸びていますね・・。

おそらく5年、10年後の
国別【構成割合】は、
もっと大胆に 変化 しているでしょう。

06年12月31日現在、
当ETF が保有する企業の数は 275社。
PER は 19.43倍 となっています。

また当ETFは、毎年12月に
「分配金」を出しています。

(念のため、ですが)

ETF の【分配金】の原資とは何でしょうか?

ETFが保有する
各企業から出される「配当金」ですね。

当ETFが年間経費を支払ったのち、
「指数」の値動きを超過していれば、
その分だけ「分配金」を支払うとお考えください・・。

米国モーニングスターの
Emerging Markets Index Fund「詳細情報

Emerging Markets Index(指数)については、
ブログ「個人投資家のためのインデックス・ファンド」の
MSCIの主要なグローバルインデックス をご参照ください。


       ● マネーの缶詰めスクール
          アドバンスコース
最初だけ手間ヒマかける ポートフォリオ創作教室

    4月22日(日)10:00 ~ 17:00 in 大阪
    5月27日(日)10:00 ~ 17:00 in 東京

 ~世界にたったひとつしかない「運用の設計図」作り~
   
   過去の参加者のご感想は【こちら】からどうぞ。
    

関連記事

| インデックス投資全般 | 10:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新幹線 さん

コメント、ありがとうございます。
上記おっしゃる通りですね。
先述した、
「将来、新興国の通貨価値が
USドルに対して高くなっていけば、
私たちには為替差益という果実も
期待できますね」
という言葉は、

「将来、新興国の通貨価値が
日本円に対して高くなっていけば」
と修正します。
(日本円をポートフォリオの
基軸通貨として捉えた場合・・)

ご指摘、ありがとうございました。

| カン・チュンド | 2007/04/14 20:56 | URL |

米国の為替リスクはないのでは?

このファンドは、日本から買う際には円をUSドルに換えて購入することになるわけですが、そのファンド(ETF)もUSドルから新興国通貨に換えてその国の株式を買うわけですから、適用される為替はUSD/JPY*新興国通貨/USD=新興国通貨/JPYで、結局日本の投資家から見た場合、「日本と投資先(新興国)の株価・為替の変動のみに影響される」ことになります。これはEUROだろうがYENだろうがPOUNDだろうが、割る分母と分子が替わるだけで替わりません。

| 新幹線 | 2007/04/13 21:25 | URL | ≫ EDIT

出遅れ投資家 さん

コメント、ありがとうございます。
確かに購入通貨はUSドルですね。
例えば、当ETFを1万ドル分購入すれば、
そのお金は韓国のウォンや、南アフリカの
ランドや メキシコのペソや インドのルピーとなって、
数多の国の株式を保有することになります。

将来、新興国の通貨価値が
USドルに対して高くなっていけば、
私たちには為替差益という果実も期待できますね。

| カン・チュンド | 2007/04/11 12:42 | URL |

誤解でなければこれもドル建ての株式?だと思います。米国が軟着陸できずにこけると大変ではないでしょうか?
ユーロ建ての相当物があれば良いのですが。

| 出遅れ投資家 | 2007/04/11 11:47 | URL | ≫ EDIT

サイバーリバタリアン さん

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
表記のレポート、拝見しました。
特に帝国の復権と『新しい中世』が
面白かったです。
BRICs の台頭は、
旧帝国の復権であるという視点、
やはり歴史のダイナミズムの中で
経済は動いているのですね・・。
今後ともよろしくお願いします。

| カン・チュンド | 2007/04/10 11:08 | URL |

三菱UFJ証券の水野氏のレポートが参考になります。

三菱UFJ証券 水野和夫氏プロフィール
http://www.sc.mufg.jp/inv_info/ii_report/m_report/index.html

帝国の復権と『新しい中世』
http://www.sc.mufg.jp/inv_info/ii_report/m_report/pdf/mr20060908.pdf

BRICsの近代化と日本の格差拡大
http://www.sc.mufg.jp/inv_info/ii_report/m_report/pdf/mr20060801.pdf


| サイバーリバタリアン | 2007/04/10 10:27 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/314-6a7d21fe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT