FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

結婚する前から、お金のことを日常会話の「ひと欠片」とする習慣を身に付けよう


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

男と女の間で
ボタンの掛け違いというのは
(しばしば)起こるものです。

わたしが尊敬する米国のFP
リック・エドルマンのコラムです。
What Do You Think Your Spouse Is Thinking?

上記コラムによれば、
米国の多くの夫婦は未だ
伝統的なお金観」から抜け切れない様子で、

たとえば、
夫が将来に向けた運用を担い、
妻が毎日の家計を担う傾向に(いまだ)あるのだそう。

また、
お金のことをふだんから話題にしていないと、

「妻は〇〇と思っているはずだ。」と夫は思い、
「夫は〇〇と思っているはずだ。」と妻は思うが、

フタを開けてみると、
互いの「見解」がまるで違っていたりもします。


(これはお金に限ったことではないですが(笑)


money problem


以下、ちょっとおじさんの説教じみていて
恐縮なのですが、

今あなたが誰かと付き合っていて、
一緒に暮らすことを真剣に考えているなら、

できるだけ早い時期から
パートナー同士、

「お金のこと」を
日常会話の「ひと欠片」とするよう、
努めるべきだと思います。



まず、

1.借金がないかどうか
何気に、でもストレートに聞いてみよう。


2.1.と関連しますが、

クレジットカードの
「信用履歴」に問題はないか、
これもはっきり聞いてみよう。


この2つはとても重要だと思います。


そして、

3.収入、支出のきちんとした「数字」を
相手をごまかさずに、
(できれば)結婚の前に互いに出し合いましょう。


あのー、
「聞き方」のコツなのですが、
改まって深刻に聞くのではなく、

日常会話の「ひと欠片」ですから、
何かのついでに
何気に尋ねるクセを付けましょう。


(決して、熱くなったりしてはダメですよ!)


4.資産の状況については
もっともセンシティブだと思いますが、
これも結婚の前に、
互いに知っておいたほうがよいでしょう。



5.4.に派生しますが、
「投資をしている」場合、

「どんな考え」で
「どんな目的」を持って
その投資を行っているのか、

これも(できるだけ早い段階で)
パートナーに伝えておく必要があります。



couple_man_woman.png


もしもパートナー同士
どちらも投資を行っており、

かつそれがまったく違ったスタイルであれば、
まあ、これはちょっと
話し合いの必要があるかもしれません・・。

(あるいは、全面的に互いを尊重し、
双方のスタイルについては
一切口を出さないという考え方もアリはアリですが。)


★ 日常生活の「ひと欠片」として
お金のことをオープンに話し合うと、

それぞれに「足りていない点」が
明らかになってきます。

でも、それこそが、
話し合う『目的』なのです。


(決して感情的になったりしないよう。)

※ 余談ですが、わたしは結婚を機に
ムダ遣いがずいぶん減りましたよ。


6.最後に意外と大事なのが「保険」です。


互いに何らかの保険に
加入している可能性が高いのではと思います。

婚約したら「ほけんの窓口」に行くのではなく、

後田亨さんの有料相談を受けて、
保険の整理整頓をするくらいが
ちょうどよいのではないかとおじさんは思います。

あ




関連記事

| 人生をプランニングする | 16:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT