FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「eMAXIS Slim バランス」、八色弁当のヒミツとは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

あなたもご存じかもしれません。
まるで「八色弁当」のような、
バランス型の投資信託があることを。


会席風お弁当だからです。

具体的には
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」が
その代表格となります。

まずはちょっとお勉強)

一口にインデックス投資と言っても、
「DIY型」と「定食型」に分かれます。


DIY型とは複数のインデックス・ファンドを
自分で組み合わせ、自分で管理する型のことです。

一方、定食型では、
最初から各資産の配合を
運用会社さんに委ねています。


「eMAXIS Slim バランス」は
自分の裁量で「おかず」をひとつひとつ
ピックアップするのではなく、

最初から分量が決まった
ザ・定食』を頼むことに他なりません。


バランスファンドは一般的に

〇 「まあ、初心者向けの投資信託だね。」


と解されることが多々あります。

また、
『8資産均等型』の「資産配分」を
実際に見てみると、


201403181000392c0_20171205164722d44.jpg



〇 なんか単純だなあ・・
〇 特徴のない、のっぺりしたカタチだな・・


と思われる人も(もしかすると)
多いのではないでしょうか?


しかし、
一見単純に見えて、

「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」の
型(かた)を凝視してみると、
かなりエッジの効いた
自己主張型】の投資信託であることが分かります。


でもその前に・・。

以前、相談者さまから
こんな質問をいただいたことがあります。

(8資産均等型を指しながら、)
「カンさん、8つも投資対象があると、
運用するのもけっこう大変じゃない?」


えー、そこは大丈夫なのです(^^)

実は「eMAXIS Slim バランス」は
8つの母親ファンドを
均等に「つまみ食い」して組成しているだけです。



これがマザーファンドだ


実際の銘柄(株、債券、REIT)の組み入れは、
マザーファンド』の中で行われるのですね。

かつ、上記8つの母親ファンドは
いずれも潤沢な純資産残高があるため、

ベビーファンドである
「eMAXIS Slim バランス」の維持コストは
かなり低く抑えられています。


ついでに申しますと、
三菱UFJ国際投信の

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)も
eMAXIS バランス(8資産均等型)も、

また、
つみたてNISA用に開発された
つみたて8資産均等バランスも、

みな【同じマザーファンド】から
作られているため、中身も『同じ』なのです。

(したがって、上記の中で選ぶとすれば、
「eMAXIS Slim バランス」の一択となるでしょう)


さて次に、
「eMAXIS Slim バランス」が
どの程度のリスクを負っているかですが、


201403181000392c0_20171205164722d44.jpg



〇 株式・REIT(リート)62.5%
〇 債券 37.5% と、
分けて捉えるとわかりやすいでしょう。


REITは株式と同等の
リスク・リターンの特性を持つ
ハイリスク型資産」です。

したがって、

「eMAXIS Slim バランス」では
ハイリスク・ハイリターン型の資産割合が
62.5%である、


という認識が重要です。


仮に2008年のリーマンショックのような
暴落に見舞われた場合、

株式・REIT(リート)部分は
マイナス50%
債券部分は「マイナス20%」程度に
なることが予想されます。

計算式としては、
・62.5% ×「マイナス50%」
・37.5% ×「マイナス20%」となり、

「eMAXIS Slim バランス」の期待損失割合は
マイナス38.75%』程度となります。

そう、
バランスファンドと云えども
けっこうリスクは大きいのです。 ← ココ、重要!

続きは次回に。)

あ




関連記事

| バランスファンド | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT