FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「eMAXIS Slim バランス」、八色弁当のウラの『特徴』とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

まるで「八色弁当」のような、
「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」ですが、


会席風お弁当だからです。


深読みしていくと、
次のような『特徴』が浮かび上がってきます。

特徴1.
リート(不動産投資信託)の割合が多い。


これは当ファンドを特徴付ける
一大「キャラ」と云ってよいでしょう。

(リートの比率は25%にもなります。)


世界の富はおおよそ
債券、株式、現金から成っていますが、
(実物の不動産は除いていますよ、)

その割合はだいたい、
債券46%、株式27%、現金27%であり、

1%に満たない比率をREIT(リート)や
コモディティ(商品)で分け合っている状況です。



そう、リートは
市場規模が(まだまだ)小さいのです。

それもそのはず、
日本、香港、シンガポール、
ヨーロッパ各国で

REIT(不動産投資信託)が登場し始めたのは
21世紀になってから・・。

まだ新しく
若々しい資産なのです。
(米国と豪州では歴史は長いですが・・)


世の中をぐるりと見渡してみましょう。

世界中の不動産はまだまだ、
文字通り「実物」として、
数多の法人や個人によって所有されています。

リートは、
実物の不動産を「証券化」した資産のことですから、

リート(不動産投資信託)によって
所有される不動産というのは、
まだ超・珍しいと云えるでしょう。


pixta_3025169_S.jpg


今後、
不動産投資信託(リート)という資産の
『伸びしろ』がどのくらいあるのか?

それは長期的に主要な不動産が
REIT(投資法人)によって
所有されていくか否かにかかっています。


この『不確定要素』を
→ リスクと取るか、
→ 可能性(ポテンシャル)と捉えるかで、

「8資産均等型ファンド」への
評価は違ってくるでしょう。


特徴2.
日本の円建て資産はそこそこ多い。


『8資産均等型ファンド』の特徴は
単純明快な「固定配分」に終始している点です。

平等に投資先を散らして、
どこにも『偏らない』体制を作っている。

その結果、
日本の円建て資産は37.5%と、
そこそこ多くなります。

(換言すれば、
為替リスクを負う部分は
62.5%のみとなるわけですね)


特徴3.
アメリカ株式への投資割合は低め・・


『先進国株式』は、
世界の株式市場の比率で見ると、
8割を超えるシェアを誇りますが、

「eMAXIS Slim バランス」では、
(他の投資対象と同じように)
12.5%しか、保有しないわけです。

この2、3年で
先進国内で最もリターンが高い
「アメリカ株式」も、
(全体から見れば)8%強しか保有していません。

ココ、けっこう驚くところ!)


mig.jpg


ふつう、
パフォーマンスが良い投資対象を選んで、
進んで保有したくなるものでは?

が、どんなに成績が良くても
他の投資対象と同様、
12.5%しか、保有しない。

ここが
「eMAXIS Slim バランス」の隠れた特徴なのです。


つまり?

特徴4.
どの投資対象も「信用」していない。


・すばらしい成績がずっと続くわけがない。
・ひどい成績がずっと続くわけでもない。

各投資対象を【長いスパン】で見ていますね?
そして冷めた目で観ています。


「8資産均等型のファンド」は
短期的な動向に左右されない、
全天候型の性質を有していると云えます。

あっ、先ほど、
「投資先を散らして、
どこにも『偏らない』体制を作っている」と述べましたが、

正確には「8資産均等型」は、

〇 成績がよい投資対象をどんどん買っていくタイプではなく、
〇 成績が悪い投資対象をどんどん買い増していく特性を持ちます。


バリュー戦略の匂いがします。


201403181000392c0_20171205164722d44.jpg


特徴5.
評価が下がり、
価格が下がっていく対象を、
より買い足していくイメージなのです。


これこそ
「eMAXIS Slim バランス」最大の特徴ではないでしょうか?


こちらの記事もご参考に!

〇 虫とり小僧さん!
私がeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を積み立てている理由
〇 ひめだかさん!
8資産均等型に投資していて正解だったのか




無料の『キンドルアプリ』を入れるだけで
「すぐに」本が読めます。

Google Playでダウンロード
Apple storeでダウンロード




関連記事

| バランスファンド | 19:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT