FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2大ネット証券さん、ANAとJALのように切磋琢磨を続けてください


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしがこの仕事を始めた当初、
2000年とか2001年は

マネックス証券」が
バンガードの投資信託の扱いを始めたりして、
とても先進的な動きをしていました。

(わたしは一時、マネックスの株まで持っていたのです)

また2000年代を通じて
カブドットコム証券」は
投資信託のつみたてに先進的で、

業界で初めて「500円つみたて」を始めたり、
「毎日つみたて」に対応したりしていました。


ところが、時は移ろい、
今は投資信託の「つみたて」を行い、

かつ「iDeCo」や「つみたてNISA」も併用して
運用を行う人にとっては、

2大ネット証券会社
(SBI証券 or 楽天証券)を選ぶことが、
「ファイナル・アンサー」になりつつあります。


(なお、先進的なサービスを提供している
「松井証券」ですが、
わたしが情報としてあまり扱わないのは、

同社の主軸はあくまで「株の取引」
(特に信用取引)であり、

投資信託をメインのサービスに据える可能性が
低いと考えるためです)


job_sagyouin_computer_man.png


セミナー、コンサルティングの場でも、
これから運用を始めるお客様には

「SBI証券、楽天証券いずれかで口座を開きましょう」
とわたしはお話しします。

その理由は何かというと、
ズバリ【総合力!】なのです。

いくつか理由を挙げていきましょう。


1.お金を自由に振り替えられる
オンライン銀行の存在


ゼロ金利が常態化し、
円建てMMFは消滅。
MRFも消えかかっている状況で、

SBI証券は「住信SBIネット銀行」を
楽天証券は「楽天銀行」を内部に抱えています。

(この利便性は大きいでしょう)


2.iDeCo、つみたてNISAとの連携


はっきり言って、
iDeCo、つみたてNISAは
金融機関にとっては「儲からないビジネス」です。

それでも
利用者の利便性を重んじ、

できるだけ『網羅的なサービス』を
整えようとしている点で、
SBI証券、楽天証券は高く評価できます。


少し細かく言えば、
iDeCoに関しては、

SBI証券では
「SBIベネフィット・システムズ」の運営になるため、
ID、パスワードが(特定口座のそれとは)
別になってしまいます。

その点、楽天証券は
ひとつのID、パスワードで
iDeCoの運用も併せて管理ができるため、
より利便性が高いといえるでしょう。


いっぽう
iDeCoの商品ラインナップについては、

SBI証券の「セレクトプラン」を選択すれば、
品揃えは楽天証券よりもベターと云えます。


xf4045127298w.jpg


次に「つみたてNISA」です。

興味深いことに
SBI証券、楽天証券とも
現状、扱い本数は「152本」でまったく同じ。

こちらをご覧いただくと、
インデックスファンドと
アクティブファンドの本数まで同じです!)

切磋琢磨していますね(^^)


3.両社とも「ポイントサービス」に
力を入れている。


投資信託の購入に際して
SBI証券はTポイントが、

楽天証券は楽天スーパーポイントが
貯まります。

月5万円という上限はありますが、
楽天証券の楽天カードによる投信つみたては
大きなメリットを秘めているでしょう。


その他、SBI証券に関しては
投資信託のつみたてに関して、

すべてのファンドの
購入時手数料を「ゼロ」にするという英断を下しました。
こちらをご参照。

また、米国上場ETFについて、
最低売買手数料が0ドルとなった形での
「ETF定期買付サービス」は力を発揮すると思われます。


もちろん双方「注意点」もあります。


楽天証券に関しては
弊所の複数のお客様から、

IFAサービス」に関する
勧誘を受けたという報告があります。

また、SBI証券に関連して、
SBIマネープラザなどの実店舗の一部は、
フランチャイジーとして営業しており、

SBI本体とは
別の事業会社のケースもあるので、
「??」という金融商品の勧誘を受ける可能性があります。


その他、
比較できることは山ほどあるのですが、

わたしは総合的に判断して、
投資信託・定期売却サービス】がある分、

SBI証券がわずかながら
楽天証券をリードしていると考えます。


が、
サービスのレベルはほとんど同じですから、

あなたのオンリーワンの金融口座は
どちらにされてもまったく問題ありません。


skate_speed.png


最後に・・。

あなたがもし
今の銀行、証券会社のサービスに
満足していないなら、

保有する『投資信託』を
SBI証券、あるいは楽天証券に移すという
方法があります。

あなたの投資信託を「別の金融機関」に移す方法(口座移管サービスとは?)

忘れることなかれ、
金融サービスをチョイスする
権利者(=消費者)はあなたなのですよ!



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 <「しんようFPオフィス」は間もなく
  【投資信託クリニック】に!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄
今後はより一層、相談者さまの『問題点』を正しく診断し、
具体的に『お悩み』を解決することに注力してまいります。

あ




関連記事

| 金融機関にモノ申す | 18:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT