FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託の販売会社に、iDeCo、つみたてNISAも加えてあげて!


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「おっ、これは!」という投資信託を、
あなたが見つけたとしましょう。

次に何を調べますか?

『どこで売っているんだろう?』が
気になるはずです。



運用会社のサイト内の、

その投資信託の詳しい情報が載っている
お申し込みメモ」のページに、

必ず、
取扱い販売会社】の欄があります。

○○証券
△△証券
○○銀行

というふうに・・。

こんな感じ。

取扱い販売会社

画像元:ニッセイアセットマネジメント


これは、そのファンドが
どこで売っているか』を教えてくれる欄ですね。

でも・・あれ?

それって
通常の口座【特定口座】での
販売会社に過ぎないのでは・・。



「おっ、これは!」という投資信託を、
あなたは見つけました。

大いに興味をそそられます。

しかし、

【運用会社のサイト】のどこを見ても、

〇 その投資信託が、
iDeCO(イデコ)でも扱われているのか?

〇 扱われているとすると、
どこの金融機関で取り扱っているのか?


あるいは、

〇 その投資信託が、
つみたてNISAでも扱われているのか?

〇 もし、扱われているなら、
どこの金融機関で取り扱っているのか?


そういう情報は・・
【ぜんぜん】見当たりません。


これってけっこう深刻な【情報の欠如】です。

よーく考えてみましょう。

これから投資信託を用いて
「資産形成」しようと考えている人にとって、

証券会社や銀行の、
【通常の口座】(特定口座)は、

投資信託を利用する、
ひとつの窓口】でしかないわけです。


why-is-yawning-contagious01-300x266.jpg


あなたはふつうに、

〇 イデコ(iDeCo)も使いたいなあ とか、
〇 つみたてNISAってどうなんだろう?と、

すでに考え始めているはず・・。


結論から言いましょう。

ふつうの消費者にとって、

投資信託を購入する【窓口】は
すでに『複数』になっているのに、

公式情報で見られる
「販社(販売会社)」の情報は、

たったひとつの窓口】を前提としている。

これって明らかに
「時代遅れ」だと思いませんか?



もし、この文章を見られている
ファンドの運用会社の人がおられたら、

以下、ぜひ真剣に
【検討】していただきたいのです。

それは販社の情報を【網羅化】すること。


具体的には・・・・・


例)
「ABC世界株式ファンド」の【販売会社】について。

★ 課税口座(特定口座・一般口座)では、

○○証券
△△証券
□□銀行
▽▽銀行


★ イデコ(iDeCo)では、

□□証券
▽▽証券
○○証券


★ つみたてNISAでは、

○○銀行
△△証券  で扱っております。


といった類の情報です。


ここに至って消費者は、

「あれ?
じゃあ、イデコを○○証券で開けば、

特定口座でも
イデコ(iDeCo)でも
同じように「ABC世界株式ファンド」が買えるんだ。」

という【新たな発想】
手に入れることができますね。


20141203191931-5-steps-entrpreneurs-to-stay-course.jpg


誤解を恐れずにいえば、

【どこで売っているのか?】という
「包括的な情報」があってはじめて、

そのファンドの潜在価値が
十分に伝わるのではないでしょうか?

別の言い方をすると、

課税口座(特定口座・一般口座)のみでの
情報開示では、
せっかくのビジネスチャンスを逃すことになります。



『具体例』を挙げてみましょう。

セゾン投信は、
ファンドを直接販売する運用会社さんです。

NISAは、
運用会社の口座で扱っているため、
サイト内にその情報も記されていますが、

たとえば
『セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド』の詳しい情報欄に、

楽天証券のiDeCo、
SBI証券(セレクトプラン)のiDeCoで、

当該ファンドが取り扱われている旨の【情報】が
見当たらないのです・・。

(これって本当にもったいない!)


anxious-man-biting-nails-worried.jpg


難しく考えないでください。

消費者の【目線】に立って
洋服でもタブレットでも、
リチウムイオン電池でも、

もっとも知りたいのは、
それ、どこで売っているんですか?
ということであるはず・・。

投資信託も、同じなのです。


今後「どこで売っているか」の
網羅的情報を

包括的に開示する運用会社が
評価されることは間違いないでしょう。

なぜなら、運用会社とは
投資信託のメーカーであるわけですから・・。



 _/\/\/\/\/\_
 \         /
 <「しんようFPオフィス」は間もなく
  【投資信託クリニック】に!
 /          \
  ̄|/\/\/\/\/ ̄
今後はより一層、相談者さまの『問題点』を正しく診断し、
具体的に『お悩み』を解決することに注力してまいります。

あ




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT