FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

楽天証券さん、今が 勝負時 です


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

(遅ればせながら・・)

楽天証券 がオーストラリア、ニュージーランド、香港、
シンガポール株式に投資するETF、
「iShares MSCI Pacific ex-Japan Index」の取扱いを
開始します(銘柄コード EPP)

このETF、(実は)以前の記事
バークレイズ・グローバル・インベスターズ(BGI)が、
新たに14本の海外ETF を日本に投入します

の中で、わたしが予想していたものです。

さあ、楽天証券さん。
顔見世興行 はこれくらいにして、
いよいよ「長期公演」に突入していきませんか?

海外ETF という【道具】の
将来性を高く買っておられるなら、

(今のうちに)【品揃え】の面で、
他の証券会社を圧倒されることをお勧めします。

どんな【商品】でも同じと思いますが、
まずは誰の目にも分かりやすい メイン商品の【品揃え】を・・。

(世界地図 を大きく区分けするETF で結構です)

(といっても)
まあ メイン商品 についてはだいたい揃っていますので、
補充すべきは【ヨーロッパ株式】だと思います。

日興コーディアル証券 が扱っている、
streetTRACKS MSCI Europe ETF がお勧めです。
詳細情報は【こちら】(pdfファイルです)

(ユーロストックス50 よりも組み入れ企業数が多く、
リスク分散が徹底されています・・)

それから、
新興国の「地域ETF」というカテゴリーでいいますと、
野村證券 で取り扱っている
iShares MSCI Eastern Europe(銘柄コードIEER)も
よいと思います。

国別組み入れ割合は、
ロシア約62%、ポーランド約19%、
ハンガリー約10%、チェコ約9% となっています。

また、ETF という【道具】を用いて
「運用の設計図」を作るためには、債券ETF が欠かせません。
(株式 と 債券 の「相性」が良いため・・)

BGIが、新たに14本の海外ETF を日本に投入します
の中でも触れましたが、

Lehman Aggregate Bond Fund(銘柄コード AGG)を
ぜひ取り入れていただきたいのです。

上記ETF は、
リーマン・米国トータル債券ファンド というべき、
アメリカ債券を広くカバーするETF です。

資産運用のエンジン役(主役)である 株式 と、
脇役 である 債券 を、
ETF という【道具】のみで保有できれば、

ポートフォリオの構築が
とてもシンプルになります。

あっ、そうそう、
債券ETF といえば

日興コーディアル証券 で扱っている、
ABF汎アジア債券インデックス・ファンド も
面白いと思います。

(銘柄コード 2821 香港市場に上場)

詳細情報は【こちら】(pdfファイルです)
(当ETF は、アジア8つの国の公社債に投資します)

また、
株式を支える【もうひとりの脇役】として
不動産(REIT)の存在 があります。

例えば、アメリカ市場に上場するREIT群 を
「ひとつの大きな いちば」と捉えて、
その「いちば そのもの」に投資を行うETF があります。

はい、
Dow Jones U.S. Real Estate Index Fund です。
           (銘柄コード IYR)

(実はこのETF、すでに野村證券で取り扱っています・・)

以上の【品揃え】をしていただければ、
ポートフォリオの設計提案が
とてもしやすくなるのです。

あっ、すみません、
わたしの都合ばかりお話して・・。

楽天証券さんへの期待の大きさから、
いろいろとご提案をさせていただきました。

       親展


■ 関連記事 です。

債券ETF のオンパレードです
豪州を含めた【アジア株式】を広く保有するETF です
ロシア・トルコ・東欧ETF です


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

5月26日(土)東京 にて
【出張コンサルティング】を実施します。
詳しくは こちら からどうぞ。

5月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。
 
6月10日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 3 です。

6月17日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 4 です。

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 10 です。

お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| インデックス投資全般 | 14:37 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新幹線 さん

お手数お掛けしました。
再度コメントありがとうございます。
わたしも水瀬さん、藤田さんの一貫した姿勢には
頭が下がる思いです。

ブログという【コミュニケーションツール】が、
ビジネスパーソンの資産運用のあり方を
一変させていくのは間違いないでしょう。

今後もシンプルで継続しやすい資産運用の啓蒙に
尽力していくつもりですので、
どうぞよろしくお願いします。

| カン・チュンド | 2007/05/23 11:48 | URL |

承知いたしました

分かりました。再度コメント致します。

日経マネーの記事、私も拝見いたしました。水瀬さんや藤田さんのコメントと共に、ETF振興のため、役立つことが多かった記事および特集だったと思います。

私はうんぼぼさん同様、愛知県に住む20歳の大学生(経営学部)で、昨今投資活動を始めました。

資金量の関係で、まだ海外ETFを活用できるところまでは及びませんが、インデックスファンドを活用して資産形成を行っていこうと思います。

今後も、ここを含む様々なサイトで勉強させていただこうと思います。これからも宜しくお願いいたします。

| 新幹線 | 2007/05/22 18:22 | URL | ≫ EDIT

HZ さん

コメントありがとうございます。
セミナーでさんざん「マネー雑誌」の悪口を言っている
わたしですが(笑)、海外ETF を特集するとは、
いやはや驚きでした。
(日経マネーの記者の方は よく勉強されていましたよ・・)

| カン・チュンド | 2007/05/22 08:54 | URL |

新幹線 さん

コメントありがとうございます。
貴ブログ拝見しました(20歳と書いておられたので、
ちょっとびっくりです!)

それと恐縮ですが(未公開コメントの)解除の仕方が
分からないので、お手数ですが、もう一度コメントを
お送りいただけませんでしょうか? 
今後ともよろしくお願いします。

| カン・チュンド | 2007/05/22 08:50 | URL |

私も日経マネーの記事を拝見しました。水瀬さんの記事と隣り合わせだったので、思わず買ってしまいましたよ。

それにしても、マネー雑誌で海外ETFが取り上げられるようになるなんて、1年前から考えて隔世の感があります。コンサルティングを受けてからもぐずぐずしていましたが、さっそく楽天証券の申し込みをします!

| HZ | 2007/05/21 19:53 | URL |

すみません。間違えてコメントを非公開にしてしまいました。よろしければ解除をお願いいたします。

| 新幹線 | 2007/05/21 15:53 | URL | ≫ EDIT

うんぼぼ さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
日経マネーの記事もお読みいただき、恐縮です。
貴ブログ拝見しました。うんぼぼさんは名古屋なのですね。
(また名古屋でセミナーが出来るよう頑張ります)
では、今後ともよろしくお願いします。

| カン・チュンド | 2007/05/21 12:42 | URL |

はじめまして。
いつも拝見させて頂いております。
日経マネーの最新号でも記事を拝見しました。
私はここ数ヶ月前からインデックスでの国際分散投資を始めたばかりですので、いろいろと参考にさせて頂ければと思います。

| うんぼぼ | 2007/05/19 23:05 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/326-cc6ffa8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT