FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小型株式ETF があなたのポートフォリオに華を添える理由 その1


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

・わたしの仕事は日々 円グラフ を描くことです。
(セミナーの中で、コンサルティングの現場で・・)

「ポートフォリオ なのですよ!」
「値動きが異なる複数の資産 を組み合わせるのです!」と
口が酸っぱくなるくらいお話をしています。

(ここだけの話)

夢の中で、
海外不動産 * 日本株式 ?
アメリカ以外先進国株式 * 外国債券 ?
商品ファンド * 新興国株式 ?

という、ポートフォリオの「組み合わせ」が
浮かんでくることもあるくらいです。

しかし一歩引いて、
真っ白な荒野 に立ってみると、
「こういう疑問」も湧いてきます。

先人たちが云う
【値動きが異なる資産を組み合わせる】を、

20年も改訂が行われていないテキストのように、
ただ 盲目的に 採用するだけでいいのだろうか・・と。

わたしは開業以来
「運用はポートフォリオで考えましょう!」と
唱えていますが、

このポートフォリオが
どのように「効いてくるのか」が、
あなたの最大の関心事ではないでしょうか?

・・物事は 変化します・・

 時代 とともに、
 ポートフォリオの効用、
 各資産の意味合いや性格も、
 変わる可能性 があるのではないでしょうか?

(突然ですが、)

わたしは今【小型株式】のことを考えています。
??

会社の大きさを、
【時価総額】という「物差し」で捉えると、

【時価総額】2000億円以下の企業を
小型株式 とわたしは定義します。

では 大型株式 って、どのような会社なのでしょう?

(例えば)
【時価総額】概ね1兆円以上の会社 と云うことができます。

■ 実際、大型株式 と 小型株式 とでは、
  活躍の「舞台」が異なる場合が多いのです。

例えば、
あなたが 携帯電話 を買うとします。
そのメーカーは どこのものですか?

シャープ ですか、ソニー・エリクソン ですか?
それとも サムソン? ノキア ですか?

これらの会社は、
世界 というマーケットを「主戦場」とする
【世界企業】と云えます。

(例えば)ノキアは フィンランドの会社 ですが、
世界中に【お客さま】が存在しますね。

ノキアは、フィンランドの景気に影響を受けるというより、
世界の「携帯電話マーケット」の動向に影響を受けます。

サムソンであれ、ソニー・エリクソンであれ
同様 ではないでしょうか。

【時価総額】が1兆円を超えるような大企業は、
どの国に属しているのか というより、

多くの国にまたがって事業を行う
「多国籍企業」になっているケースが多いのです。

(たとえば現在、新興国市場の成長の恩恵を
 受けているのが、これら「大企業」ですね・・)

(そう考えると)
日本の株式市場に上場する「株式」といっても、

・国内市場に【お客さま】を持ち、
日本の景気動向に影響を受けやすい 小型株式 と、

・世界中に【お客さま】を持ち、
 多国籍企業 となっている 大型株式 という  
 二層構造 になっている気がします。

これは、
アメリカの市場であれ、オランダの市場であれ、
同じだと思います。

とすると・ですよ、

いちば投資 = インデックス運用 を標榜するわたしとしては、

(同じ日本株式 でも)

大型株式の「いちば」
小型株式の「いちば」
性格の違った、
ふたつの【いちば】が存在するのだ、と
定義したくなるのです。

現に欧米では 上記のような「いちば分け」が
かなり進んでいます。

すると、それぞれの「いちば」で 指数 を作り、
(例えば)小型株式のインデックス・ファンド、
ETF なども組成することができますよね。

日本にも ジャスダック指数 など、
小型株式の「いちばの平均値」は存在しますが、
インデックス・ファンド は(今のところ)存在しません・・。

続きは 次回に・・。


関連記事
海の向こうの【日本小型株指数ETF】です


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

6月17日の【ファンド特化コース 大阪】は
満員御礼!

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 3 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 7 です。

7月16日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 5 です。

7月22日の【アドバンスコース 東京】は
残席 7 です。


お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| ポートフォリオ運用 | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/332-d24d51a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT