FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小型株式ETF があなたのポートフォリオに華を添える理由 その2


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

前回、わたしはこんなお話をしました。

大型株式の「いちば」
小型株式の「いちば」
性格の違った、
ふたつの【いちば】が存在するのだと
定義したくなるのです と・・。

大型株式 が広く世界に【お客さま】を持ち、
多国籍企業 となる傾向が強いなら、

(例えば)アメリカの大企業 と、
西ヨーロッパの大企業 の「株価の動き」というのは、
かなり似通ってくるのではないでしょうか・・。

EX) 直近7年弱の
iShares S&P Europe 350 Index Fund(ETF)と
S&P500 との比較


iShares S&P Europe 350 Index は、
西ヨーロッパの大企業350社の「株価指数」です。
一方、S&P500 は アメリカ大型株式の「指数」です。

(んー、けっこう似通っていますね・・)

昔からよく云われてきた、
【異なる国・地域に 分散投資しましょう】という
原始的な意味 は、

「なあカン君、それぞれの国・地域の 景気循環 は
まったく同じではないから、
複数の国に投資することによって、
リスクを抑えることができるのじゃ・・」

というものでした。

現在は【グローバル化】が進み、
国、地域間の「景気循環のズレ」は
小さくなっていますが、
それでも「ズレ」は 存在 します。

その「ズレ」が、
値動きの【違い】として顕著に表れるのが、
【小型株式】同士 ではないでしょうか?

【小型株式】は 国内市場 を
主なターゲット としているため、

(例えば、)

アメリカの小型株式 と 西ヨーロッパの小型株式 の方が、
(アメリカの大型株式 と 西ヨーロッパの大型株式 に比べて)
【値動きの違い】が明確に表れやすいと思います。

あなたの「ポートフォリオ」を
多様化 させるため、

【小型株式】を
もうひとつの「投資対象」として
ポートフォリオに組み入れることはできないものか・・。

例えば、
わたしは先日【日経マネー7月号】で
ETFを用いたポートフォリオ提案をしましたが、

< 株式ETF 部分 >

・SPDR Trust Series1
 (アメリカ株式ETF)
・iShares MSCI EAFE Index Fund
 (アメリカ以外の先進国ETF)
・iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
 (新興国ETF)

【小型株式】という 投資対象 を加えて、

・SPDR Trust Series1
 (アメリカ株式ETF)
・S&P SmallCap 600 Index Fund
 (アメリカ小型株式ETF)
・iShares MSCI EAFE Index Fund
 (アメリカ以外の先進国ETF)
・SPDR S&P International Small Cap ETF
 (アメリカ以外の先進国の小型株式ETF)
・iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
 (新興国ETF)

というポートフォリオを組成することも可能です。

(一層の「リスク軽減効果」が期待できますね・・)

SPDR S&P International Small Cap ETF の
詳細については別記事、
アメリカ以外の先進国の小型株式ETFです】を
参照してくださいね。


ところで・・)

(そもそも)ひとつの国の中で、
【小型株式】と【大型株式】の値動きは
本当に異なっているのか?

例えば、直近7年弱の
S&P SmallCap 600 Index Fund(ETF)と
S&P500 との比較


SmallCap は「小型株式」です。

あるいは直近10年の
ジャスダック指数 と
トピックス(東証株価指数)との比較


どうでしょう・・。
そこそこ「違う動き」をしていますね。

ただ、西ヨーロッパ では、
(直近2年間のデータからか)
けっこう同じ値動きをしています。

MSCI Europe ETF と
MSCI Europe Small Cap ETF との比較


・streetTRACKS MSCI Europe ETF
 (銘柄コード ERO)
・streetTRACKS MSCI Europe Small Cap ETF
 (銘柄コード SMC)

(いずれも パリ証券取引所に上場・・)

いずれにしても【小型株式ETF】は近い将来、
あなたのポートフォリオにおける
意外な「バイプレーヤー」になる可能性がありますね。


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

********************

7月1日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 3 です。

7月15日の【スタンダードコース 東京】は
残席 6 です。

7月16日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 5 です。

7月22日の【アドバンスコース 東京】は
残席 7 です。

お早めのお申し込みを・・。



関連記事

| ポートフォリオ運用 | 16:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

エル さん

コメントありがとうございます。
さっそく楽天のホームページから見てみました。
んー、これは便利ですね。
(わたしの宣伝アイテムとしても使えそうです・・笑)

| カン・チュンド | 2007/06/29 18:10 | URL |

2007年日経マネー7月号 ETF特集が全文読めます

楽天ホームページから、2007年日経マネー7月号 ETF特集が全文読めます。

カンさん、男前に写っていますね。
神戸在住なのですか。
私は現在関東ですが、学生時代は神戸・西宮界隈でよく遊びました。

目指せ、芦屋 六麓荘!!
田園調布なんか目じゃない!

| エル | 2007/06/28 23:46 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/333-8ce2bc68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT