FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

運用と呼ばれる行為は、遥か3000km彼方にあるのですか?


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしのように
仕事として「資産運用」に携わっていると、

(ついつい)
「自分の周りは 運用に興味がある方ばかりで、
ほら、こんなに投資を経験している人がいるじゃないか!」

みたいな【勘違い】をしてしまいます。

おい カン君、気をつけろよ・・。

   今の日本では、
■ 「資産運用」を実践している方より、
実践していない方のほうが 圧倒的に【多数派】なのです。

(わたしは上記「事実」を いつも忘れないようにしています)

例えばセミナーの中で
噛み砕いた分かりやすい表現を
心掛けていたとしても、

大多数の人には、
まだそれが「届いていない」ということ。

(もっとはっきり言いますと)

わたしをはじめ金融サービス業に携わる者は
将来お客様となる方々を、
未だ「発掘できていない」ということなのです。

もちろん、
運用に興味がある人もいれば、
いない人もいて、
それはその方の【嗜好】の問題 ですから、

全員が必ず「投資」に興味を持たなければ!
というのは 危険な発想 だと思います。

ただ、わたしが残念に思うのは、
あまりに多くの方が、
「資産運用」に対して 間違ったイメージ を
抱いてしまっていることなのです。

■ カンさん、
資産運用なんて、ワタシとは違う世界の人が行う、
とても 特殊な行為 なんでしょ。

特殊な行為?
違う世界の人が行うもの?

資産運用って、
そんなに「遠い存在」なのでしょうか?

たとえば、
あなたは自分のお金のことを考えます。
(だって、お金と無縁で生きられる人なんていませんから・・)

お金は少なすぎるよりも、
多くあったほうがいいなあ と思いませんか?

あるいは 月末になると支払いのことを考え、
「今月はうまく乗り切れるかしら?」と
不安になったりもしますよね。

もしあなたに 無駄な支出 があれば、

(例えば フィットネスクラブのコース内容を
午後7時からのみ有効なコースに変えて、
月5,000円を節約したりして)
無駄な支出 を省こうとしますよね?

あるいはもっと収入を伸ばすために
資格を取ったり、転職を考えたりもします。

フィットネスクラブのコース内容を
変えることも、

収入を伸ばすために資格を取ったり、
転職を考えたりすることも、
立派な【資産運用】なのです( ← ここ、重要!)

だってそうですよね、

月5,000円を節約することは、
文字通り 金銭的な資産運用 になりますし、

収入を伸ばすために資格を取ったり、
転職を考えたりすることは、
自分という【資産】を伸ばしていこうとする行為 です。

(これも 資産運用 なのです!)

(実は)収入を伸ばすために資格を取ることと、
外国株式インデックス・ファンドを購入することは、

あなたの【パーソナル・インベストメント・プラン】
<個人としての資産向上計画> の中で、

互いに【つながり合っている】行為 なのです。

運用 とは、
私たちから 遥か3000km彼方に存在する、
特殊な人たち が行う
特殊な行為 ではありません・。

【資産運用】とは、
■ あなたの日常生活に「含まれる」行為 なのです。

あなたが「健康」を保つために、
フィットネスクラブに通いたい と思っているように、

あなたの「生活」を豊かに保つために、
長~く【資産運用】とつき合う・・。

そんな イメージ ですね。

わたしが今読んでいる本、
【きみはなぜ働くか。】 渡邉美樹 著(日本経済新聞社)に、
こんな一節があります。

(以下、引用)

人生には、「六つの柱」がある。

その六つの柱がバランスのとれた状態であれば、
豊かな人生になるだろう、と私は考える。
その六つとは、仕事、家庭、教養、財産、趣味、健康 である。

(以上、引用終わり)

わたしもその通りだと思います。
大切なのは、
六つの柱の「バランス」なのです。

(別の言い方をすると)
財産 を築くための【資産運用】は、
人生で大切な六つの柱の「ひとつ」に過ぎないわけです。

大上段に構えて、
「うおー、これがわたしの未来を左右する、
資産運用という行為だ。えいやあー!」

なんて叫ぶ必要はないのですね。

家族のことを思いやり、大切にしたいと思う・・
健康を保つために、
フィットネスクラブに通い続ける・・

仕事を一所懸命して、お客様の期待に応えたい・・
自分の趣味に安らぎを求めたい・・
人間として教養を深めたい・・

と同じ【土俵】で、

これからの生活を豊かにするために、
【資産運用】という作業に携わる・・。

そういう「イメージ」があればよいのです。

「でも、そうは言うけど、
実際の資産運用 となると、
【不安】だらけになってしまうのです・・」

はい、
おっしゃる気持ち、よく分かります。

ある意味、【不安】になって当然です。

■ だって、
まだ大多数の人が、
資産運用という「作業」を
行ったことすらないわけですから・・。

(あなたは列のはじめに並ぼうとしているのです・・)

さらに、
仕事、家庭、教養、趣味、健康 と比べて、

「財産」「運用」という分野は
私たちが蓄積してきた【知識】が
あまりに少ないため、
心の中が 不安や心配 に占領されてしまうのです。

【知識】が増えてくれば、
不透明な部分は減ってきますから、
不安要素も取り除かれるはずです。

少しずつ学んでいきましょう。
(なにせ先は長いのですから・・)


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

8月25日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 6 です。

9月2日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 7 です。

9月15日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 8 です。

9月23日の【スタンダードコース 東京】は
残席 8 です。

9月24日の【アドバンスコース 東京】は
残席 7 です。

お早めのお申し込みを・・。


関連記事

| 人生をプランニングする | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/357-2e3d2311

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT