FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日経マネー10月号 グローバル投資特集 は【未来志向】? その1)


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

8/21 発売の【日経マネー10月号】で、
「大きく殖やすグローバル投資」という
特集記事が掲載されています。

おそらく 30~40代の読者を意識してのことでしょう。
日経マネーの若い記者さんが、
「読者目線」で記事を書いています。

STEP1、STEP2、STEP3 と読んでみて、
わたしが感じたことは以下です。

「あのさあ、世界のマーケットには、
いろんな株式や ETF があるわけでしょ。
だったら みんな等しく投資出来るようにすれば いいじゃん」

という声が、
この記事には 内包されていると思います。

私たち日本に住む者は、
世界中の料理を食し、世界中のブランドを選び(文字通り)
世界中の国に旅行することができる「環境」にいます。

だったら、
<金融商品もそうあるべきでしょ>
という、とてもシンプルな「ニーズ」が
存在すると思うのです。

今、世界の株式市場 が
提携・合併 を繰り返していますね。

例) NYSE + ユーロネクスト 
ロンドン証券取引所 + イタリア証券取引所
ナスダック市場 + OMX(北欧、バルト諸国証取)

あの行き着く先には何があるかというと、
【ひとつのいちば】があるわけです。

■ どの国に住んでいようが、
世界中の株式、債券、投資信託、ETF にアクセスできる・・。

日経マネーの記事だけを見れば、
「なんだかマニアックで 上級者向けの世界だなあ・・」
と感じられるかもしれませんが、

そんなことはありません。
20年後の投資家タムさんから見れば、

「えっ? 20年前って、こんなことでいちいち驚いてたの~
と言われるのがオチではないでしょうか・・。

■ 関連記事
知楽発財 >> Happy Investment

さて、STEP1 で特筆すべきは、
ユナイテッドワールド証券の動き です。

5月からタイ株式の取扱いを始めており、
記事の中では
ロシア株式の取り次ぎに向けた準備を進めている と
紹介されています。

ユナイテッドワールド証券には(その名にふさわしく)
世界中の株式の取扱いを目指して欲しいものです。

「えっ、でもカンさん、どうして個別株式のことに言及するの?」

⇒ 一生懸命 個別株式 を選んで
売り買いしてくれる人達がいるからこそ、
インデックス運用 が成り立つのです。

(個別株式 のことを知ることは、
インデックス運用者にとっても重要なのです・・)

【余談になりますが、】

例えば タイ株 とか、ロシア株 とか、
株(かぶ)という言い方 止めにしませんか?

株(かぶ)株(かぶ)って言うと、
なんだかモノみたいで、
資産形成のエンジン役である大事な資産を、
いいかげんに扱っているような気がするのです。

わたしはちゃんと
株式(かぶしき)と呼ぶべきだと思います。

(だって、債券 のことを、
誰も 債(さい)とは言わないじゃないですか・・)

さてさて、
続いて STEP2 ですが、
香港BOOM証券に口座を持つメリットについて記しています。

記事では、BOOM証券に口座開設する
プロセスについても解説していますが、
もしあなたがパスポート認証を含めた
トータルなサポートをお望みなら、

弊所が2004年から行っている
香港BOOM証券口座開設サポートサービス】を
ご利用ください。

■ 関連記事
なぜ、香港BOOM証券の口座開設サポートサービスを始めたのか?

次回に続く・・。


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

9月2日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 6 です。

9月15日の【ファンド特化コース 大阪】は
残席 8 です。

9月23日の【スタンダードコース 東京】は
残席 7 です。

9月24日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。

お早めのお申し込みを・・。



関連記事

| イベント・メディアなど | 17:00 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/364-274eda2a

TRACKBACK

長期間つきあうグローバル投信

マネー雑誌 [http://www.sscom.co.jp/m-plus/moneyplus.html マネープラス9月号]で、「60歳までに2000万円つくろう! 自分年金をつくるなら投資信託だ!」の特集記事が出ています。その中で、「長期間つきあうグローバル投信はこれだ!」で4本の投資信託、「年金候

| インデックス投資、長期投資、積立投資など | 2007/08/27 23:30 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT