FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インデックス運用は 精神修養の場?


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の海外ETF セミナーでもお話したのですが、

わたしは毎朝、
株式を売り買いしてくれる人たちに手を合わせて、
「いつもありがとうございます」と呟いています。

なぜかって?

必死にアクティブ運用をしてくれる、
あの人、この人、
法人、個人、日本人、外国人の方々が、
【いちばの平均値】を 日夜 作ってくれているからです。

彼ら、彼女らの存在なしに、
【インデックス運用】は成り立ちません。

【いちばの平均値】とは いわば、

人間の汗と涙の詰まった 全行動 を集約した
<瞬間・恍惚写真> のようなものなのです・・。

人の恐怖と欲望に押された
全選択 の上に胡坐をかく【インデックス運用】は従って、

「あんなのタダ乗りみたいなものじゃない!」
と揶揄されます。

(確かにそういう側面はあります・・)
しかし「インデックス運用」もタイヘンなのです・・。

まず、数々の【誘惑】に打ち勝たねばなりません。

いちばの平均値という期待リターンで十分だ、
と納得する。⇒ 足るを知る。

慎ましく、必要以上を求めない。
面白みを求めない。

ロマンや波乱万丈の物語を捨て、
ひたすら 陽が昇り、陽が沈むという
冷めた日常、現実 を受け入れる・・。

(んー、達観する ということ)

いちいち騒がない。
ハラハラドキドキしない。
そして、動かない(とにかくじっとして居る・・)

■(ある意味)精神修養 の現場にいることが、
  インデックス運用を行うことに他なりません。
                   (ホントです)

必要なものは、
我慢、忍耐、長~い時間スパン・・。

そこで わたしの自問自答 です。

「いちばの平均値」に 投資するとは、
そんなに【つまらないもの】なのでしょうか?

答え)
いいえ、そんなことはありません。

「いちば」というところは、
まったく動かないわけではありません。

「いちば」は動いています・・。

株式市場といういちばの中で、
「個別の企業」は日夜
【入場】と【退場】を繰り返しています。 

(例えば「日本のいちば」を例に挙げますが、)

今まで数多の会社が、
安宅産業、山一證券、カネボウ、日本コーリン、
ライブドア など、
いちばから【退場】していきました。

また数多の会社が、
ヤフー、出光興産、博報堂、ミクシィ、
エーアイティーなどが、
いちばに【入場】してきています。

(つまり、新陳代謝 があることが
【いちば】が今日まで存続できた理由なのです・・)

平家物語 じゃないですが、
長~い目で見れば、
個別の企業 は「栄枯盛衰」を繰り返しています。

その中で【いちば】そのものは
まるで <大きな胃袋> のように、
個別の企業を飲み込み、また吐き出しながら

貪欲 に「変化」し(ここポイントなのですが、)
【成長】を続けているのです・・。

要するに
⇒ いちば とは【生き物】なのです。
 (ただし死なない、ゼロにもならない・・)

ちょっと想像してみてください。

その国の【いちばの平均値】に投資するとは
どういうことでしょう?

その国の【経済成長】
そのものに投資する ということ・・。

では、A国の経済が「成長」を続けるとは?
 
株式市場という【いちば】に
新たな会社がどんどん【入場】し、

そして その中で企業群が切磋琢磨し、
期待に応えられない会社は【退場】させられます。

やがて「経済発展」というダイナミズムと共に
株式市場という【いちば】は大きくなり、
その 厚み を増していくのです・・。

個別の企業を追いかけていては、
【いちば】そのものが成長する
ダイナミズムを捉えきれないと思いませんか?

(私たちはとてもラッキーな状況にいます)

なぜなら、

世界中の国、地域の【いちば】の中から、
自分が投資したい【いちば】を
複数選ぶことができるからです。

(インデックス運用 + 分散投資 ですね)

わたしは【いちば】そのものに
投資することではじめて、

その国、地域の経済発展の【果実】を
もっとも効率的に、かつ継続して
獲得することが出来ると考えます。

そう考えると、
インデックス運用にも
ロマンがあると思いませんか・・?


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

9月23日の【スタンダードコース 東京】は
満員御礼。

9月24日の【アドバンスコース 東京】は
満員御礼。

10月21日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 10 です。

10月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 10 です。

11月3日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 8 です。

お早めのお申し込みを・・)




関連記事

| 投資の発想法 | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/372-3ec201dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT