FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「だまされない!投資信託の選び方」(別冊宝島)が予約開始


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

宝島社から 9/21 に発売されるムック
「だまされない!投資信託の選び方」の予約が
アマゾン で始まっています。

わたしも先ほど予約しました・・。

実は8月の上旬東京で 上記本の取材を受けたのです。
(わたしは海外ETF に関してコメントしました・・)

本の全体像は
実際に手にしてみないとわかりませんが、

なにせ 一冊まるごと
「インデックス投資」の本というのは
(日本では)前代未聞のことですので、
個人的にも楽しみにしています。

それから、ブログ通の方なら誰でも知っている
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー
水瀬ケンイチ さん、rennyの備忘録 の renny さん
NightWalker's Investment Blog
NightWalker さんの御三人が、

上記「だまされない!投資信託の選び方」の中で
鼎談されています。
(どんなふうに話が盛り上がったのか ぜひ読んでみたい・・)

最後に、わたしが海外ETF に関して
コメントしました一節です。

「海外ETF 投資とは、
世界を股にかけた資産運用にほかなりません。
それも日本にいながら、
安価なコストで可能なのです。
これこそ本当の意味での“資産運用の民主化”でしょう・・」

(この通り掲載されていると 嬉しいのですが・・笑)


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

9月23日の【スタンダードコース 東京】は
満員御礼。

9月24日の【アドバンスコース 東京】は
満員御礼。

10月21日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 10 です。

10月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 10 です。

11月3日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 8 です。

お早めのお申し込みを・・)



関連記事

| イベント・メディアなど | 18:51 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

新幹線 さん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。
わたしも本の中で、楽天証券の新井氏が言われたことに
注目しているのです。特にヨーロッパ株式ETF は
早急に加えていただきたいですね。

| カン・チュンド | 2007/09/22 10:38 | URL |

今日、三省堂書店へ行って早速件の書籍のほうを拝読してまいりました。

カン・チュンドさんのETF特集を始め、山崎元氏による投信批判、加藤氏によるインデックス推奨論、内藤氏などによる資産設計検証、水瀬さんやrennyさん、NightWalkerさんによる対談など、見所だらけ、盛りだくさんな内容であったと思います。

それにしても、本の中で楽天証券の新井氏が「コモディティ、債券、ヨーロッパのETFを増やす予定です」と述べられていましたが、昨今の報道を聞くに、本当に近く実現してしまいそうな勢いですね。おまけに「MSCIワールド」とか「究極の商品」まで・・・

| 新幹線 | 2007/09/21 14:25 | URL | ≫ EDIT

renny さん

コメントありがとうございます。
ホントに感慨ひとしおです(笑)
しかし 今回の本は ひとつの「通過点」に過ぎません。
今後もインデックス運用の啓蒙にコツコツ努めてまいります。

| カン・チュンド | 2007/09/18 19:24 | URL |

カン・チュンドさん、ご紹介有り難うございます。
インデックス運用を随分と前からご紹介されていたカンさんにとっては、今回のような本が出版されるというのは感慨もひとしおなのではないか、と思ったりします。
ボクがインデックス運用について、「もっと知りたい」と思ったきっかけの一つはカンさんのメルマガでした。
インデックス商品は金融機関、マスコミ?から煙たがられる存在ですが、これからもしっかり支持していきたいと思います。
本が店頭に並ぶのが本当に楽しみですね!

| renny | 2007/09/17 14:53 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/373-bf7c322b

TRACKBACK

「だまされない!投資信託の選び方」は濃縮品

今日は大学の始業日で、久しぶりに講義を聞いてまいりましたが、その帰りに名古屋駅へ

| 20歳からの投信による資産形成 | 2007/09/21 15:02 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT