FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バークレイズ・グローバル・インベスターズが22本のETF を追加投入


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

すでに多くのブログで紹介されていますが、
バークレイズ・グローバル・インベスターズが
22本のETF を新たに投入し、
日本でのETFビジネスを加速させます。

ロイター記事
BGIグループが22本のETFを追加投入、日本でETF展開加速

記事中では BGIの広報担当者が、
「野村証券や楽天証券など
複数の証券会社を通じた販売を期待している」
とコメントしています。

以下、22本のラインナップです・・)

1)債券(9本)
・iShares ユーロ社債  
・iShares iBoxx米ドル建てハイイールド社債ファンド
・iShares iBoxx米ドル建て投資適格社債ファンド
・iShares リーマン1─3年米国国債ファンド
・iShares リーマンMBS固定利付債ファンド
・iShares リーマン7─10年米国国債ファンド
・iShares リーマン20年超米国国債ファンド
・iShares リーマン・クレジット・ボンド・ファンド
・iShares リーマン短期米国国債ファンド

2)グローバル(6本)
・iShares MSCIワールド  
・iShares MSCI北米    
・iShares MSCIAC極東(除く日本) 
・iShares MSCIヨーロッパ  
・iShares S&Pヨーロッパ350インデックス・ファンド
・iShares FTSE100   

3)新興国(4本)
・iShares FTSEBRIC50  
・iShares MSCIトルコ     
・iShares MSCIマレーシア・インデックス・ファンド
・iShares S&Pラテンアメリカ40インデックス・ファンド

4)スペシャリティ(3本)
・iShares S&P上場プライベート・エクイティ  
・iShares S&Pグローバル・ウォーター     
・iShares KLDセレクト・ソーシャル・インデックス・ファンド


今回の 特徴 は(なんと言っても)
【イギリス市場に上場しているETF が多い】
ということです。

太字 で示したのは、
イギリス市場に上場しているETF です・・)

確か【以前の記事】の中で、
わたしはこう申し上げました。

「輸入ETF(海外ETF)という【体裁】を取れば、
そのETF がアメリカ市場に上場しようが、
ロンドンに上場しようが、香港だろうが、

メーカー(運用会社)が 同意 し、
販売窓口(日本の証券会社)が 同意 し、
当局(金融庁)が 同意 すれば、

これらETF を輸入し、
提供可能な【商品】とすることができるのです」

つまり、輸入品であれば
■ マルチ・ナショナルな
  ETF の「品揃え」が可能になる ということ。

今回もそれが活かされていると思います。
では、個別に見てまいりましょう・・。

・iShares MSCIワールド  

世界の先進国をぐるりとひとまとめにしたETF。
(これ1本で 先進国群を網羅します・・)

【国別組み入れ割合】は、

アメリカ       約48%
西ヨーロッパ    約34%
日本         約10%
カナダ       約3.7%
オーストラリア    約3%
香港        約0.8%
シンガポール   約0.5%

となっています。
(いずれも 07年 6月30日 現在)

・iShares MSCI北米  
(ありそうでなかったのです・・)

【国別組み入れ割合】は、

アメリカ      92.56%
カナダ       7.44%

となっています。
(07年 6月30日 現在)

・iShares MSCIAC極東(除く日本)

上記ETF は当ブログですでにご紹介済み。
東アジア・東南アジア株式ETF です

・iShares MSCIヨーロッパ 

上記ETF はイギリスのほか、
オランダでも上場しています。

組み入れ企業数が 600社近くあり、
S&Pヨーロッパ350インデックス・ファンド
(アメリカ上場)より多くなっています。

・iShares FTSEBRIC50 

【国別組み入れ割合】は、

ブラジル      約35.3%
ロシア       約27.9%
中国        約25.4%
インド       約11.3%

となっています。
(いずれも 07年 6月30日 現在)

・iShares MSCIトルコ

このETF も当ブログですでに紹介済みです。
トルコ株式ETF です

・iShares S&P ラテンアメリカ40インデックス・ファンド

上記はアメリカ市場に上場しているETF ですが、
「ようやく来たな・・」という印象です。
ブラジルとメキシコで
組み入れ割合の8割以上を占めます。

・iShares S&P 上場プライベート・エクイティ 

このETF は正式名称 を
「iShares S&P Listed Private Equity」といいます。 

つまり、未公開の株式に投資する 上場企業 を集めて、
ひとつのETF を作っているのです。

【国別組み入れ割合】は、

アメリカ      約35.7%
イギリス      約18.52%
日本        約14%
フランス      約9.9%
カナダ       約5.8%

となっています。
(いずれも 07年 6月30日 現在)

日本企業の組み入れとして、
ジャフコ が第3位にランクされています。
 

以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

10月21日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 8 です。

10月27日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。

11月3日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 5 です。

11月24日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 4 です。

お早めのお申し込みを・・)




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/376-9b85e7c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT