FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ADRだけで作ったETF


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

アメリカ市場における
各ETF運用会社のシェアは、
以下のようになっています(上位7社)


BGI               56.3%
State Street         24.2%
Vanguard           6.8%
Bank of New York     5.7%
Powershares         2.5%
ProShares           1.4%
Rydex Global Advisors 1.0%

この中で 第4位の位置にいるのが、
Bank of New York です。

正式には、
The Bank of New York Mellon Corporation といいます。

この会社は(何で有名かというと)
ADR の発行・管理で有名なのです。

ADR とは、アメリカ市場に上場する
外国企業が発行する証券(米国預託証書)です。
American Depositary Receipt

ADR は株式と同等の効力を持ちますので、
アメリカ市場にはそれはもう、
たくさんのADR が上場しています・・。

ということは、こんなことも可能ですね。

ADR だけを大きな柵で囲って区分けをして、
「おーい、この囲いの中に ひとつの市場 があるぞ」
と言えますね?

ということは、
ADR の「平均値」= 指数 が作れるのです。

(実際)ADR INDEX というものがこんなに存在します。

ん?

■ じゃあ、ADR INDEX との連動を目指すETF もあるよ、
  ということなのです。

実はこれらETF の運用は、
運用会社第5位 である Power Shares が行っています。

上記ページ のいちばん下、

QQQ / BLDRS のところをご覧ください。

・BLDRS Asia 50 ADR Index Fund
・BLDRS Developed Markets 100 ADR Index Fund
・BLDRS Emerging MKTS 50 ADR Index Fund
・BLDRS Europe 100 ADR Index Fund

などのETF が並んでいますね。

いずれも
ADR Index との連動を目指すETF です。

ADR は アメリカ市場に上場する株式 ですから、
ADR指数 は、
【流動性が高いこと】が大きなメリットになっています。

ちなみに主に欧州で発行され、
イギリス市場で取引される証券(預託証書)のことを
GDR といいます。 
Grobal Depositary Receipt

例えば、イギリス市場に上場している
ロシア企業の多くは、この GDR で上場しているのです。

また最近は、
「インド株式ファンド」が人気ですね。

インド株式ファンドに組み入れられている
株式の多くは(実は)ADR、GDR として
アメリカ市場、イギリス市場に上場している
インド企業だったりするのです。

これから ADR、GDR として上場する
新興国の企業が増えてくるでしょうね・・。


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

11月23日の【スタンダードコース 東京】は
残席 6 です。

11月24日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 1 です。

11月25日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。

12月16日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 4 です。

12月23日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 9 です。





関連記事

| インデックス投資全般 | 17:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

輪田さん

輪田さんおっしゃる通り、銀行での送金手数料(1件4000円程度)や、為替手数料などがかかってきます。また、証券会社によっては口座管理料を徴収するところもあります(料金はまちまちです)パーセントは投資額によって違ってくると思います。以上、よろしくご参照ください・・。

| カン・チュンド | 2007/11/09 20:39 | URL |

質問です。

今日の記事、ちょっと難しいですね。
一生懸命、読みました(笑)

今日のETFの記事を読んで、疑問が浮かんだので、質問させていただきたいと思います。

こういったETFを買おうとすると、海外の証券会社に口座を開く必要があるのですよね?

私は、海外の証券会社でETFを買ったりする場合、銀行での送金手数料や、円をドルに変えたりする為替手数料などで、とても手数料がかかるようなイメージを持っています。

最近は、とくに海外証券会社を使った投資が注目されているようですが、日本国内の証券会社で、MSCIコクサイインデックス連動のインデックスファンドを購入したりする場合に比べて、かなり手数料が高くなりそうなイメージがあります。

実際のところ、たとえば海外証券口座を使ってETFを購入する場合、どのくらいの手数料・経費がかかるものなのでしょうか?

だいたいの数字でいいので、何%くらいかかるのか教えていただければ、海外投資のイメージができて助かります。

| 輪田@【堅実投資】 | 2007/11/08 22:14 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/398-2166067f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT