FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1年ぶりの BOOM証券口座開設セミナー です


こんにちは、カン・チュンド です。

おカネ とは(関西の言葉で云うところの)
いわゆる「調子乗り」です。

いちばん臆病なくせに、
いちばん早く 儲けの現場 に駆けつけたがります(笑)
(その代わり 逃げるのもいちばん早い?)

あなたの大切なおカネを守るために
その預け先を(つまり【窓口】を)複数持っておくことは、
立派な「リスク・ヘッジ」となりますね。

昔は 国際的におカネを預けておく なんて
考えられないことでしたが、
今は 特別むずかしいことではありません。

例えば、
香港BOOM証券 というところに【窓口】を持てば、
世界中に上場するETFに投資することができます。

その他、BOOM証券では 一般の投資信託として、
以下の運用会社が運用するファンドを取り揃えています。

・Man Investments (Hong Kong) Ltd
・Access Investment Management (HK) Ltd
・Franklin Templeton Investments (Asia)
・Investec Asset Management

・Kingsway Fund Management Limited
・Mellon Global Investments Asia Ltd
・PCI Investment Management Limited
・Principal Capital Management (Asia) Limited
・Principal Fund Management (Hong Kong) Limited-

ところであなたは、
自分のおカネを 円という通貨のみ で
保有しておくより、

【複数の通貨】に分散させた方が
「安心だ」と思いますか?
(はい、思います・・笑)

「じゃあカンさん、今はドルですか、
それともユーロですか?」
という質問をよくお受けするのですが、

そもそもわたしは
「外貨投資」という言葉がおかしいと思います。

(例 ⇒ スペインの人が果たして
「日本円投資」と云うでしょうか・・?)

(ズバリ申し上げますが)
通貨 を保有するだけでは「投資」とは言えません。

(確かに)私たちは「複数の通貨」を
保有できる環境にいますが
それはあくまで【結果論】なのです。

例えば、
アメリカ株式 を保有する
⇒(結果として)ドル という通貨を持つ、
というように・・。


■ 大切なことは
違った場所で、違った種(タネ)を植え、
違った植物 を育てることです。

(これを世の中では 国際分散投資 と云います・・)

複数の 種(タネ)を持っているだけでは、
資産 を形成することには繋がりません。

少し芽 が出てきたからといって、
根からもぎ取ってしまっては意味がありません。

ドル という 種(タネ)は、
土の中にしっかり根付かないと
「よい植物」を育てないのです。

(逆の言い方をすれば)

大きな実を湛えた 植物 が育てば、
種(タネ)がどんな種類であったか?
ということは
あまり意味を成さなくなるのです。

あなたのおカネは、その国 に根付いて、
その国の 空気 を吸って、大きくなっていきます。

海外におカネを放ってしまえば、
しばらくぶりでしか
おカネに会うことはできないでしょう。

でも、
それはいいことではないでしょうか?

だっていつかは、
見違えるほど立派になってあなたの元に戻ってくる、
「おカネの姿」を見られるのですから・・。



関連記事

| ポートフォリオ運用 | 10:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/45-e9f50cc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT