FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

株式市場に置いてある商品は、個別株式だけですか?


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしはまだディズニーランドに行ったことがないのですが、
最近は50代以降のシニア来訪者が多いのだそう・・。

(もはやディズニーランドは、
 若者だけが行く場所ではありません・・)

スポーツカーだってそうですね。
最近は女性の方、また年配の男性が、
颯爽とスポーツカーを乗りこなしている姿を見かけます。

翻って、株式市場というマーケットはどうでしょう。
ひと昔前まで株式市場とは、
【個別の株式のみが取引される】マーケットでした。
(ですよね?)

ところが、それが変わってきています。
(突然ですが)あなたは
日経300投信 という商品をご存知ですか?

日経300投信とは、
1995年に鳴り物入りで登場した、
日本ではじめて【株式市場に上場したファンド】です。

正式名称は、日経300株価指数連動型上場投資信託
といいます。

普段私たちが見聞きする、
○○株式アクティブ・ファンド、
△△株式インデックス・ファンドなどは、

上場した株式を組み入れていますが、
ファンドそのものが上場しているわけではありません。

つまり、投資信託(ファンド)は、

・上場していないファンド
・上場しているファンド 

という「区分け」をすることが可能なのです。

もう少し細分化すると、

投資信託(ファンド)

・上場していないアクティブ・ファンド
    〃   インデックス・ファンド

・上場しているアクティブ・ファンド 
   〃   インデックス・ファンド

という「区分け」ができます。

(日経300投信 は、
「上場しているインデックス・ファンド」ですね・・)

また、日本では2001年に、
不動産投資信託(REIT)が登場していますが、
不動産投資信託とは、一体なんでしょう?

答え)青い大きなフクロの中に、
たくさんの「実物不動産」を組み入れた
アクティブ・ファンド です。

つまり、運用会社の判断で、
組み入れている銘柄(この場合、不動産)の
入れ換えを行うファンドのことです。

そのアクティブ・ファンドが、
株式市場という【いちば】に上場したことで、
REIT という呼び名になったわけです。

つまり、上場しているアクティブ・ファンド
= 不動産投資信託(REIT)ですね。

現在、日本の株式市場には
42本のREITが上場しています。

そして、
当ブログで繰り返しお話している
ETF(上場しているインデックス・ファンド)ですが、
現在、日本の株式市場には40本のETFが
上場しています。

これって一体、どういうことでしょう。
(株式市場というマーケットの実態は、
どうなっているのでしょうか・・)

■ 株式市場というマーケットは、
個別株式、ファンド双方が取引される
マーケットに変貌したのです。

 (これはとても「大きな変化」です・・)

商品数でいうと、まだ

個別株式 : ファンド 
=   97 : 3 くらいのイメージですが、

アメリカの株式市場では、
個別株式 : ファンドの「比率」が
= 70   :  30  くらいになっています。

それはなぜかといいますと、
アメリカでは、

700を超えるETFが上場し、
150を超えるREITが上場し、
500を超えるClosed-End Fund (CEF)
= 上場アクティブファンド が存在するからです。

市場というところは、
時代とともに変遷します。

その「変わり様」をどこで見ればいいかというと、
市場そのものの【品揃え】を
冷静に眺めてみればよいのです。


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

5月17日の【スタンダードコース 東京】は
残席 7 です。

5月24日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 5 です。

5月25日の【アドバンスコース 東京】は
残席 5 です。

6月14日の【スタンダードコース 名古屋】は
残席 4 です。

6月15日の【アドバンスコース 名古屋】は
残席 4 です。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| 投資の発想法 | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/476-eeea8036

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT